The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【 Vol.284 】2014/11/14 

みなさんこんにちは!
アービンジャー・ジャパンの伊藤です。

今、九州にいます。

半年に一度のファシリテーター会議です。
メルマガ当番忘れていて、あわてて書いていますっ。
会議超楽しいっ!

やっぱいいですね~
楽しすぎて、飲み過ぎて、寝てません!

さてさて、早速いってみよ~

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 右だっちゅーに!   :  伊藤 彰記
─────────────────────────────────
とあるホテル内にある中華料理店でのこと。

お友達夫婦と食事に行った。

「トイレどこだった?」

「出てすぐ左だよ」

トイレに行こうと思い、私の対面に座っていた奥さん
に場所を聞いて席を立った。

ホテル内の飲食店なので、店内にトイレはなく、一度
お店を出なくてはいけない。

で、お店の入り口を出てトイレのマークが見えた瞬間、
大声でツッコミを入れたくなった。

「右だっちゅーに!」

そうなのだ、入り口を出てすぐ左ではなく、右手に
トイレはあったのだ。

間違ってるじゃ~ん・・・

酔ったか?

戻ったら間違いを指摘してやろう!

まー、うちの奥さんも車に乗ってる時とか、左を指差
しながら右に行ってなどとよく間違えるから、深い心
で許してあげようなどと考えながらの帰り道。

そんなことを思ってお店に戻ろうとしたときにハッと
気がついてしまった。

トイレ、左だわ・・・

今歩いている自分の向きから見ると、トイレは左手
にあるのだ。

あたりまえのことだけど、全然気が付かなかった。

つまり、私の対面にいた彼女の視点から考えれば
トイレは左側に位置していたというわけだ。

だから彼女は間違っていない。

なんてこった!

いや~、言わなくてよかった~

あー、気づいてよかった!

私たちは、どうやら自分が見ている世界が全てなのだ
と信じ込むことが多いようだ。

だから、自分にとっての不正解を相手の中に見つける
と、自分本意に、ついついそれを指摘して直そう、正そう
としてしまうことが多い。

子供、社員、部下、後輩。

特に目下だと思っている人に対してひどくなる。

相手の立場に立たないと見えないことがある。

相手の立場に立てば見えることがある。

相手の立場に立てば、相手が見ている景色が見える。

さて、ここで一句。

「ちょいと待て 私はあなたの 顔見てる」

見る人の立つ位置で見方が変わる。

景色が変わる。

自分に向き合ってくれている相手は、自分とは反対側
からの世界を見ていることを知っておこうと思う。

たまには相手の隣に座ってみよ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
箱の外でミーティング。

「箱」を広めるための計画を楽しく画策中。

建設的で明るい未来をみんなで見る時間。

こんな空気感が世界にどんどん広がっていけば
いいことばっかりが増えていくと思える時間。

めんたいこ買って帰ります(^-^)

それでは、みなさん良い週末を♪