The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 147】2012/2/17

こんにちは!アービンジャー・ジャパンの田染です。
皆様いかがお過ごしですか?
最近「しあわせのパン」を観て、毎日パン屋さんに通っています。
あちこち歩き回って、小さなパン屋さんをたくさん発見しました。
また食べる楽しみが増えた今日この頃。
体重や体脂肪と相談しながら食したいと思います・・。

それでは、今週は、私、田染美穂子が担当します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「どーせ」  :  田染 美穂子
─────────────────────────────────
「どーせ」と思う時がある。
「どーせ、これやったって~。」とか、
「どーせ、またすぐ~。」とか。

最近ヒマなので、この「どーせ」について考えてみた。

すると限がないのだ。これを言い出すと。
しかも「どーせ」と思うがままに行動すると、何をしても無駄になってしまう。
「どーせ汚れるのに、何で洗うのか?」
「どーせお腹空くのに、何で食べるのか?」
「どーせ続かないのに、何で始めるのか?」。
終いには「どーせ死ぬのに、何で生きるのか?」にまでたどり着いてしまった。

何かを始めようとする時、大きな成果や結果を期待してしまう。
でもそれが叶わないような気配になると、「どーせ」が姿を現す。

GReeeeNが歌っていた。
「気付けばいつか みえる明日 どんな一歩も無駄にはならない」

あんまりよく出来なかった事を考えて体裁の箱に入ったり、
失敗した時、優越の箱を刺激されたりするから、
恥ずかしくてカッコ悪くて踏み出せない。

なるほど、そうか。
大きな一歩にしか価値がないと考えるなら、
誰も前には進めないのだ。
ちょびっとしか進めなくてもそれが今の精一杯。
結果が出なくてもそれが今の現在地。
情けなくて嫌になっても、
GReeeeNが言うように、「ただ胸張って 歩み続けよう」。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
加圧トレーニングに通って、はや一ヶ月が過ぎました。
カラダってすぐ太るくせに、痩せるとなると時間がかかりますねぇ。
「お腹よ引っ込め―」「太ももよー細くなれ―」と唱えながら頑張っています。
すぐに筋肉もりもりになると思ってましたが、
甘かったです。反省・・。
でも毎回いい汗かいてます!
3ヶ月後が楽しみです。(まだ望みは捨てません!)

では今週はこのへんで失礼致します。
よい週末をお過ごしください。