The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 148 】2012/2/24

こんにちは、株式会社エイチ&リレーションズ ジャパンの
西田敬一です。

先週末は、2日間の箱セミナーを開催していました。

今回も、いろんなドラマが起こり、参加者の方と
「涙・涙のセミナー」となりました。

僕も、セミナーではよく泣いています。

これまでの統計をとってみると、箱セミナーでの
受講者の方の感涙率(涙が出てしまう率)は、何と70%!!!!

一体なんでこんなに泣けるんですかね?

「あたたかい涙の理由」 その秘密を今日はシェアしたいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   「あたたかい涙の理由」     :   西田敬一
─────────────────────────────────
「西田さん、みなさん、本当に2日間ありがとうございました。」

懇親会の別れぎわに、50歳のエンジニアの方が、

深々とお辞儀をしてくださいました。

彼の目から涙が溢れて止まりません。

日曜の夜の名古屋駅。

人通りはあまりなく、いくぶん肌寒さを感じる風が
吹いてました。

お別れのあいさつをして、彼が歩き出します。

100メートルぐらい離れて、再び、
僕達を振り返り、お辞儀をしてくださいました。

大きく手をふって、お互いの距離は離れていきます。

その方は、大手企業の技術者として
日本初の研究チームを発足したり、
これまでも抜群の成果を出してこられました。

「このセミナーを受講する目的は、箱セミナーの
感想でよく耳にする、世界が変わって見えると
いうのが、本当かどうか確かめたくって・・・・・」

彼は、2日間のはじめに、セミナー参加の目的を
そう教えてくれました。

そして、セミナーが終わり、懇親会が終わり
別れ際に感じたのが、まさしく「世界が変わって見える」
というその感覚だったそうです。

逆に、どれだけ自分がフィルターをかけて
世の中を見ていたのか、腹に落ちたそうです。

「自分の本当の姿を知って、たしかに辛くは
あったけど、前よりも気持ちがよくなった。」

このことを、僕達は「悔い改める」と表現しています。

そして、そこに「あたたかい涙」の理由があるのです。

人は本当に後悔しないと、気持ちも態度も改まりません。

ですが、いったんそれを引き受けると、心の中が
スッと軽くなっていきます。

つまり、「抵抗心=箱」が消えていくのです。

もう自分を正当化する必要がなくなるので
「物事をあるがまま」に見られるようになります。

そして、あるがままに見始めると、世界の
あたたかさを感じるようになります。

通りにいる人、駅でみかける人、すれ違う人。

日本中、世界中の人々が
「自分と全く同じ、生身の人間なんだ」と感じるようになります。

笑いもすれば、泣きもする。

こうして欲しいというニーズもあれば、
困難な状況を背負ってもいる。

みんな「同じ人間」だと。

参加者全員が涙を流したのは、非常にまれな
ことでしたが、「みんな同じ人間である」ことを
改めて実感したセミナーでした。

西田敬一

箱セミナーの詳しい感想は、コチラでご確認ください。
http://blog.livedoor.jp/hr_japan/archives/1778986.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 西田敬一
————————————————————————–
みなさんは、最近泣いてますか?

うちのスタッフの川ちゃんは、ほぼ毎日泣いてます。
僕もよく泣いてます。

朝から涙を流すと、「ぽわー」っとしてきます。

副交感神経が作用して、おだやかになっていきます。
そして、思考能力が落ちてきます。
なので、仕事がすすまなかったりします(笑)。

何事もバランスが必要ですね。

それでは、今週も素晴らしい週末を!!