The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 153 】2012/3/30

こんにちは、アービンジャージャパンの
西田敬一です。

久しぶりに、強烈な箱に入りました。
嫁さんに対してなんですけど。

ちょっと長い文章ですなので、暇な時に読んでくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  「こうして僕は、何も持たなくなりました」   :  西田敬一
─────────────────────────────────

「畜生、あいつは一体、この俺をなんだと思ってるんだ!!!」

今朝、妻とささいな口論になったのです。

「もー、またお金使う話でしょ。私、知らないからね。」

「誰もお前なんかに頼ってねーよ!」

一本の電話が引き金で、我が家の朝は、最悪な事態となりました。

~数分前の電話~

「もしもし、西田ですけどーー!(妻の元気な声)」

「はい、こちら●●カードと申します。大変恐れ入りますが、
旦那様のお口座の残高不足のことでご連絡いたしました。。。」

「はっっ??(妻の元気ない声)」

そもそも、ことの始まりは、僕にあります。

もともと金銭面でルーズな僕は、お金の管理があまり得意でないのです。

給料は全て妻に預けていますが、妻からいただくお小遣い以上に
使ってしまうのです。

軽度の病気だと思っていただいても結構です。

カードやらなんやらで、知らないうちにお金が出ていってしまうのです。

むしろ、高価なものなど何も買っていないのに、ただお金が流れていくのです。

自分でも本当に呆れてしまいます。

そして、残高不足の僕の口座に、
妻が、怒りながらも資金補充してくれるのです。

そんなことが続いたので、結局、銀行通帳をすべて彼女に渡すことにしたのです。
(ちなみに、そんなことが10年も続いています)

カードの明細も、なにもかも全て、彼女が把握することになりました。

こうして僕は、お金を引き出すことも、よそのお姉ちゃんと
楽しいひと時を過ごすことも(空想レベルですが)、何もできなくなってしまったのです。

妻からすると、いろんな支払いも終えて、やっとクリーンになった
矢先での電話だったのです。

「そりゃ、奥さんが怒るに決まってるでしょ!」

「西田さん、本当に、最低な旦那さんですね。」

あなたも、こんな風に思うかもしれません。

正常な読み方をすれば、悪いのは僕です。
100%の確率で悪いのは僕なんです。

ところがですね、恐ろしいのが、「箱」の野郎なんです。

僕は、妻が怒ったことに対して、反応したんです。

箱風に言うと、「妻が僕の持ち歩く箱」を刺激したわけです。

それも、僕の一番大好きな箱である
「良い旦那のイメージ」をぶち壊しやがったのです!!

さー、この後、どうなったのか?

刺激してきたのは妻です。

だから僕は心の中でこう言いました。

「そりゃ、俺が悪いよ。でも、お前がいちいちそこを
刺激するから、俺は怒ってるんじゃないか!!」

ものすごく真っ当なことを言ってると思ってたのですが、
冷静に文章にしてみると、ちっとも理屈がわかりません。

なんたって、悪いのは僕の方ですから。

とにかく、僕は、悪い自分は放っておいて、
怒りの矛先を妻へと向けたわけです。

妻からも反撃が始まります。

妻はこういうシーンでは、必ず、無言のプレッシャーをかけてきます。

何か言ってくれれば、いいのですが、完全に無言です。。。重い。。

一瞬で部屋の空気が、冷やかーな、ピキーンとしたものになります。

妻は、なにも話してこないのですが、完全に半透明の「箱」にずっぽりと
入ってるようにしか見えません。

箱をかぶりながら、「はーー」っとため息をついています。

二人は、まさに、共謀状態です。

僕は、心の中で言いました。

「あのさ、お前、箱の本何回も読んでるんだろ?
だったら俺の箱を刺激するの止めてもらえない?」

「何回も言うけど、お前が刺激すから、俺は箱に入らざるを
えないんだって。」

ほとんど意味不明な心の声です。
悪いのは、100%僕の方なんです。

ところが、箱の野郎は、本当に奇麗な正当化を僕にくれます。
あまりにも立派な正当化なので、自分でも気づきにくいのです。

おかしな状態ですよね。本当に。

で、「どうやって箱から出られたのか」ですって?

その秘密は各地のセミナーにてお聞きくださいねーー!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 西田敬一
—————————————————————————

先ほどの箱の中に、数時間入ってました。

すると、仕事にいっても面白くないんです。
目の前のことに集中できないのです。

それどころか、悪い方向ばかりへと考えていってしまう。
可能性も全部否定して、一人ぼっちになった感覚になりました。

現実は、全然違うんですけどね(笑)

箱って恐ろしいですねーー!