The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 163 】2012/6/8 

こんにちは。アービンジャー・ジャパンの橋口遼(はしぐちりょう)です。

みなさん。はじめまして。

今回から記事に参戦する運びとなりまして、これから長いお付き合いになると
思いますが、宜しくお願い致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   命日                :  橋口 遼
─────────────────────────────────

記事を書いている今日は5月25日。

大好きだった先輩の命日だ。

その人は、38才の時に大腸ガンでこの世を去った。

『まだ若いのに・・・』
と、周りの人たちは言うけれど、僕たちからしたら、

『そりゃ、早死にするわ!!!』

と、いう感じだ。

なぜなら、その人は“滅茶苦茶”だったからだ。

たとえば・・・普通に車を運転していても、気に入らない車が目の前にくると、カーチェイスがスタートする。終いには高速道路なのに、車を停めて、相手の車に怒鳴りつけに行く・・・

たとえば・・・借金しているのに、そのお金を借りている人の前で、お金を返さず、ブランドのバッグとか服とか平気で買う。しかも、相手が

『そんなことするなら先に俺に金返してよ~』って言うと、

『抗がん剤をうち続けてる俺に、そういうこと言うの?
俺も返したいのはヤマヤマだけど、治療費にお金かかるのよ~』

と、自分の病気すらもネタにして、自分の正当性を訴える。

たとえば・・・好きな人がいると会社の女の子から相談を受けて、
『わかった。俺に任せておけ!』
と自慢げに言い、
『みんなで遊びに行く段取りをするから、そこでいい感じになるようにセッティングするよ!』と言っていたのに、うまく行かなかった帰りの電車の中で、

『そもそも俺に頼むのが間違ってるよなぁ』

と言って、相談した女の子を泣かす。
そして、みんなの目の前でその話を笑い話にする。

他にも数え切れないくらいのネタがあるが、ここでは書けないネタばかり・・・

そんなことを思い出しながら、先輩の実家で先輩のお母さんとみんなで食事をした。
先輩が死んで3年たつ。

思い出すことは笑い話になっているけれど、お母さんからしたら一人息子なわけで・・・

当たり前の様に仏壇に遺影はあるし、歴代のご先祖様の写真の中にひと際若い先輩の写真があったり・・・

やっぱり滅茶苦茶な先輩でも家族がいて、実家がある。

一緒に思い出しながら、お母さんも一緒にバカ笑いはするけれど、
時折見せる悲しみの目を、みんなが揃って、見て見ぬ振りをする。

命日は1年に1回、故人を偲ぶ日だけど、僕にとっては大笑いする日。

先輩と仲の良かった女の子は、今日は一年で一番笑う日なんです。
くだんないこと言ってバカみたいに笑ってコーラ飲んでセブンスター吸ってチップスターを食べる日なんです。と言っていた。

お母さんにとっては、悲しみを思い出し、息子のことを改めて胸に刻む日なのかもしれない。

それぞれ、尊び方があって、そんな人たちと共存しているから毎日がおもしろいのかも。

と、過去の自分の行動を正当化する今日この頃。

実は、4年前、僕が新婚旅行から帰ってきて、携帯の電源を入れると、いろんな人からの着信履歴があった。『まさか・・・』とは思ったけれど、案の定予感的中。

すぐさま隣の県のまで、会いに行った。

病室のベッドでやせ細った先輩はみんなに手を握られて、みんなに見守られながら、
ベッドの上で口をパクパクさせていた。

僕たちが病室に着くと、すぐさま先輩の近くまでみんなが席を譲ってくれた。

『中山ちゃん。りょうちゃんきたよ。』とボスが言っても、変わらず口をパクパクさせていた。

『がんばれ!』と言いたいけれど、がんばっている人を目の前にして、言葉にならなかった。

他にもたくさん、先輩に言いたいことはあったけれど、しゃべることができなかった。

もとい、しなかった。

その後、ドラマのワンシーンのような光景が、目の前で繰り広げられていたのを、
ただ呆然と見ていた。

心電図が直線になって、「ピー・・・」と無機質な音を出す。

やがて、先輩のお姉さんが病室にやってきて、心臓マッサージをする。

先輩のお姉さんは看護婦だから、心臓マッサージがうまい。

マッサージのたびに心電図の直線が大きく振れる。

生き返る。しかし、マッサージをやめたら心電図が無機質な音を出して、死ぬ。

生き返る。死ぬ。の、繰り返しだった。

やがて、お母さんが

『もういいよ。』と言った。

みんな泣きながら先輩を見送った。

先輩の目からは涙が滴り落ちていた。生気のない顔を一滴の涙が頬をつたっていた。

僕はただその光景を見ている人だった。

先輩と最後の言葉を交わすことができなかった。

先輩の命日はその自己裏切りを思い出す日。

みなさんは大切な人がいなくなる前に、やり残したことはないですか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

食事会のときに、みんな先輩にこういう風に騙された。と笑っていたら、
すかさずお母さんが

『みんなそんなこと言うけど、一番あの子に騙されてるのは私なんだからねww』

と言っていた。

来年はお母さんがどんなことで騙されていたのか発表するらしい。

来年の5月25日も楽しい日になりそうだ。