The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 172】2012/08/10

みなさん、こんにちは、アービンジャー・ジャパンの伊藤彰記です。

大阪出張、とある交差点で止まったときに、タクシーの窓から見かけた
一軒の飲食店。

お店のキャッチがなんと「家族寿司居酒屋」!!!

それを見て、私は混乱しました。

家族寿司?  寿司居酒屋?

家族的な寿司屋なのか? それとも、家族的な居酒屋なのか?

いやいや、家族的で寿司屋風の居酒屋なのかもしれないな・・・

てか、寿司屋風ってどんなだ?

そもそも、ファミリーレストラン的に家族をターゲットにしているのか、
はたまた、家族的な雰囲気を醸し出す陽気な店主がいるお店なのか?

あっ! 「部屋とYシャツと私」的に、ただ並べただけの「家族と寿司と居酒屋」
かもしれない!

ん~、夜も眠れない・・・

って、まー、爆睡してますけどね・・・

へ? 行けばわかるって?

嗚呼、誰か私にその勇気をください・・・

さて、今週は伊藤が担当いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  あー楽しい! 伊藤彰記
─────────────────────────────────

僕たちはいつも比較の世界に生きている。

極端な話、たとえ貧乏でも、他人よりもお金を持っていれば、それで
満たされたりする。

他人よりも多く、他人よりも高く、他人よりも早くて、他人よりも新しく、
他人よりも美しく、他人よりも若くいたい。

比較の中で、いつでも勝ちたいという願望にかられる。

完全に負けを認めて劣等意識を持つまでは。

劣等意識を持つと、今度はそこに留まりたくなる。

だって、もう中々勝てると思えないから。

しかし、なんてややこしいんだろうね、人間てやつは。

あいつりも、こいつよりも、優位に立ちたい、勝っていたい。

そもそも負けてないと思っている奴を認めるわけにはいかない。

だから、謝れない。

お礼も言えない。

なんでオレが先に謝んなくちゃいけないわけ?

あいつが謝るのが先だろ?

フザケンナ!

隣家の庭の芝がとっても青く見える。

なんであんなに青く見えるんだろう?

あいつはやけに羽振りがいい。

絶対悪いことをやっているに違いない。

真面目に働いているだけで、あんなにブルジョアなはずがない。

テスト当日、ねぇ勉強してきた?ってみんなして確認し合うのは
なぜだろう?

やってないよ~

そう言われると安心する反面、ほんとはこっそりやってんだろ・・・
って疑っていたりする。

テストが返ってくれば、そいつが嘘つきかどうかがわかる。

本当に点数悪かった奴だけが真の友人だ。

これいくらだと思う?

ブランド品を買って自慢したい。

東京の人は、値段を高く言ってもらえるとうれしいらしい。

ステータスだ。

逆に大阪の人は、低く言ってもらえるとうれしいらしい。

安く買ったことを自慢できるから。

でも、どちらにしても優越感。

僕たちはいつも比較の世界に生きている。

ややこしいし、不平等だし、不公平だ。

でも僕たちは、そんな矛盾だらけで不自由な世界に生きている。

だからこそ楽しい。

だって、一人っきりの無人島生活じゃ愚痴も言えない。

だから、

あー楽しい!!!

・・・

って、心から言えるようになりたい・・・。

私は4人兄弟。

私の子供たちも4人。

私が子供のころ、食べ物を4等分するときには、常に戦いでした。

特にお菓子。

どれがより大きいか、どれが一番多いか。

見比べてじゃんけんですが、真剣勝負。

我が子たちにも同じ光景を見ます。

次男は、じゃんけんで負けると、負けたくせにすぐに泣きます。

いつまでもしつこく、往生際が悪く、潔くありません。

長男は、潔いのですが。

しかし、大人になっても潔くない人はたくさんいます。

諦められない人は、いつまで経っても諦められない。

淡泊すぎるのも考えものですが、しつこいのは、ちとカッコ悪い。

次男の成長を見守りたいと思います(笑)。