The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 173】2012/08/17

こんにちはー。アービンジャー・ジャパンのなかいです。

あつい、あつい!
こんな暑い中、先月末ハーフマラソンを走りました。

山の中の川沿いの、終了後は川遊び
てか、すでに30度軽く超してるで!!(何が避暑やって)
走る前から暑さに箱に入ってしまったなかいです。。
結果は散々たるもの。当然「暑さ」の言い訳に更に花咲く
え?あんた相変わらずやねーって?

さて、今週は私、仲井京子が担当いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 反抗期
─────────────────────────────────

娘が自他共に認める反抗期。

たとえばこうだ。

定期検診の歯医者の帰り道の車の中
仕事がまだ残っているので
事務所に帰りたい。
でも、先にご飯にしてあげようか?

とおりかかったスーパーに車を入れ
「ご飯先作ろうか?」というと
「別にたべんでもいい。」
「なら、仕事先にすませてからにするわ」
「もっといらん」

な、な、なんやねん!!
「なら作らんわ!」

スーパーの駐車場から勢い車を出し
家の前で子供を下ろし
また職場に向かう。

ややこしいやつ!

仕事を終え、買い物を済ませ
帰ってくると
既に何かを作って食べていた。

さてと、
この場合、作るべきなのか
作らないべきなのか。。。

でも2人分の出来合もののおかずを買って来ているので
とりあえずセットして出す。

みると、ねこのさらにおかず(魚)がのってた。

なんやってぇーー!!!

反抗期。抵抗期。箱期。
はやく明けてくれないかなあ。。。

でもあたしの反抗期は相当長かった。
親がつくってくれたご飯を何度無駄にしてきたか。
作りたくない日もあっただろう。
今になって申し訳なく思う。。

さて次なる課題は
反抗期の娘に対し
反抗期の親にならないこと。
共謀になる。

しかしこれがむずかしー(汗)
でも自分の親にしてきたことに対する
悔い改めのチャンスだからね。
せっかく神様が作ってくれたリベンジの機会。
楽しんでいきたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

こんな反抗期の娘ですが
友達の前では本当にやさしく気を使う。
そして楽しそう。。

友達に反抗期はないのか?
不思議なものです(笑)

でも本人的にはいろいろと気も使っているらしいですが。

気を使わずに反抗してくれるのも
ありがたいと思わないと
いけないのかもしれません。