The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 175】2012/8/31

こんにちは。アービンジャー・ジャパンの橋口遼(はしぐちりょう)です。

先日、一週間ほどインドネシアに行ってきました。

旅行が好きな私は東南アジアによく行きます。

以前、ベトナムに行ったときも現地の人から現地人に間違えられ、
日本人の観光客から現地人に間違えられたこともありました。

今回のインドネシアではそんなこともなくよかったのですが、
帰ってきて、何にあたったのか腸炎になってしまいました。

そんな病み上がりの私ですが、今週もゆるゆるスタートします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   リーダーとリーダーシップ                :  橋口 遼
─────────────────────────────────

先日、いつものようにボスとお茶をしていた。
私がお茶をするときは、大体お客様が相談にきているときで、
その席に同席させてもらうことが多い。

その時に来ていた経営幹部の人が言った。

『岡部さん。リーダーの仕事ってなんでしょうね?
よく、本には部下を導くとか、誰よりも明確なビジョンを描くとか、率先してやってみせる。とか人それぞれあるじゃないですか!リーダー論って。岡部さんはどんなリーダー論をお持ちなんですか?』

『俺?!俺はわからんけど、たぶんね・・・』

そういうと、冷めたエスプレッソに口をつけた。

『リーダーってのはあくまで役職だと思うんよね?
みんなたぶんリーダーとリーダーシップが混ざって考えてるんじゃないかな?』

『混ざってですか?』

『そうそう。リーダーシップって移動するみたいよ。瞬時に。』

『移動ですか?』

『うん。たとえば、昼どきにみんなでランチ行って、
何を食べるか悩んでるときに、誰かが言った一言でカレーになったり、ラーメンになったりするじゃない?

家庭でもそう。欲しいものがある子供は意地でも上司である親を動かすために泣いたり、
座り込んだり、なんでもする。

そういう様々な場面でリーダーシップは瞬時に移動してるんだよ。』

『なるほどですね。』

『子供の頃に秘密基地作るときってさ、誰かが勝手に板持ってきて、
誰かが勝手にダンボール持ってきて~、とかでそれぞれがリーダーシップ持って、活躍してるじゃない??そこにガキ大将みたいなリーダーはいても、瞬間瞬間それぞれのリーダーシップに従ってたんだよ』

『はぁ・・』

『けど、それがひとたびリーダーの役割とか仕事になると、うまくいかなくなる。
労働基準の問題とか、仕事の内容の話とか全ての責任がやってくる。
そのリーダーに。だから、お互いがうまくいかない。

本当はチームや組織の各個人がそれぞれリーダーシップを張れて、活躍できる場をつくれたらいい組織になるよね。

リーダーシップが移動してるって知っておかないと、たとえば部下とかが活躍しても素直に喜べないことがあるし、自分自身もリーダーという役職にぶら下がり、ありもしない虚構の自分で他人と接し、迷惑をかける。

そういうのが積み重なって、グループ共謀に発展したりして、組織の中の生産性や効率を妨げてしまうんだよ』

『なるほど。深いですね~』

『深くないよ。深いようで浅い話。俺も今模索中だから答えは出てないんだけどね。』

そういうとボスは最後のエスプレッソを飲み干した。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

私は、食あたりや水あたりは過去によくありました。が、
今回初めて熱が出ました(汗)

でも、風邪とは違い、菌が体内から出て行くとすぐ治りました。

体に巣くってる問題の種も菌になっていて、応急処置で治ればいいのにと思うけど、
やっぱりそれは難しいっすよね~。

“箱は予防接種みたいなもん。”

って、ボスがよく言いますが、確かにその通りだなぁと思う今日この頃です。