The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 177 】2012/09/14

みなさん、こんにちはアービンジャー・ジャパンの佐藤真一です。

9月も中旬となりましたが、まだまだ暑い日が続きますね。
夏の疲れなどが出ていないでしょうか。

先日、群馬県へ出張したのですが、なんと群馬は東京よりも暑いのです。

なんでも都内であたためられた空気が、
東京湾の風に流されて関東平野を北上し、
山々に囲まれた群馬県でどん詰まるという説もあります。

そして上州名物と言えばカミナリ。
見事に出張の時に遭遇してしまいました。
地形からも雷雲が発生しやすいんでしょうね。

まぁ、天候ばっかりは自由になりませんからね。

さて今日は、「箱」の真ちゃんこと佐藤真一が担当します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ライブ会場でも…「箱」 : 佐藤 真一
─────────────────────────────────

先日、友人に誘われて

AKIRAさん
http://www.akiramania.com/

という人のライブに行った時のことです。

私と妻、それにもうすぐ2歳という娘を連れた従妹の3人といいますか、
3+1人とでもいいますか、そのメンバーで行ったのです。

なんと会場は居酒屋を貸切にして、テーブルをどかして、
イスを並べたとてもアットホームなものでした。

着いたのは開演間近でしたし、子連れであるので
一番後ろにイスを追加してもらって
イス3脚+ベビーカーの並びです。

それにも快く対応してくれたスタッフには感謝、感謝でした。

ほどなくライブがスタートしました。

まったく知らないアーティストだったのですが、
1曲目から心にしみわたります。

「おぉ、来てよかった…。」

心からそう思ったとき、何やら私の並びのベビーカーから異音が…。

そう、まだ小さい従妹の娘がベビーカーの手すりを叩きはじめました。

「おっ、コイツもわかるのか!」

ちょっとうれしくなりました。

と、曲が進むうちにだんだん飽きてきたのか、
子ども特有の声を出すようになったのです。

「キャーッ、アーイ!」

などと意味不明の奇声を。

私はその騒音が徐々に気になりだし、

「やっぱり迷惑だったかなぁ…。」

と周りの人たちを気にし始めました。

相変わらずその子はお構いなしに声を上げています。

その時、特設ステージ上のAKIRAさんから、

「おっ、元気いいねぇ!
あっ、おかあさん、会場から出ていかなくていいですからね、
それも立派なBGMだからね!」

とあたたかい言葉が掛けられて、ホッとしたのですが、
それでも相変わらずに時々奇声を発する子ども、
やはり周囲への迷惑が気になる私…。

「あのように言ってくれたけど、やっぱり迷惑だよなぁ…。」

とだんだんストレスをつのらせる私。

ここでふと思ったのです。

主役が構わないと言ってくれている、
でも私はやっぱりまずいのじゃないかと思う。

私がはっきり把握しているのは、
ここにいる70人の中のたった二人の意見だけ。

あとの68人の意見を把握していない…。

迷惑をかけているかもしれない…。

きっと迷惑だと思っているだろう…。

いや、そうに違いない…。

私の心の中で勝手にその感情が増幅していく…。

この時、私はあることに気がついたのです。

はたして私は本当に迷惑をかけていることに気を配っているのか、

それとも迷惑をかけるような小さな子連れで来てしまった自分が
周囲からどう見られているのか、そのことを気にしているのか。

実は後者でした。

なぜなら、私とAKIRAさん以外の68人の意見を
私は確認していないのですから。

私が勝手におそらく迷惑なのだろう、
嫌がられているかもしれない…と妄想しているのです。

そして「自分がどう見られているのか」をしきりに気にしているのです。

なんの根拠もなしに。

もちろんこのような公共の場、状況であれば、
常識的な判断をし、然るべき行動を取るということが
当たり前のように求められるのかもしれません。

ただ、もしかしたらいたるところで、
似たようなことが起こっているかもしれないと思ったのです。

自分の中の基準だけを拠り所にし、周囲の意見も確認せず、
とりわけ自分がどう見られているかだけに終始してしまい、
もしかしたら間違った行動をしてしまっているのではないか…と。

職場でも、家庭でも勝手に思い込んで、勝手に気を揉んで、
もしかしたら周囲を傷つけて…。

これも私が持ち歩いている「箱」だったのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

昨晩、福島・南相馬市の方々とお会いし、お話しする機会がありました。

相馬といえば野馬追(のまおい)祭り。
でも最近は福島原発から近く被害を受けているということで
名前が売れてしまったと。

いろいろとお話を聴く中で、

「今、現地で何が起きているのか。
まだまだ知らなかったことが多いなぁ…。」

そう感じました。

新聞やテレビから流れてくる情報だけでなく、
興味関心を持ち、まずは知ろうとすること、
これが大事なのだなぁ…と痛感しました。

私もまだ一度しか南相馬を訪れたことがありませんが、
昨日お会いした方々と今後もつながり、もっともっと知っていこうと思います。