The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 187 】2012/11/23

みなさん。こんにちは。アービンジャー・ジャパンの橋口遼(はしぐちりょう)です。

このメルマガが届いている11月23日は僕の誕生日です。

29才になりました。孔子の言葉を借りれば、

「男、30にして立つ」

あと一年で30代。楽しみです。

それでは、早速参りましょう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   「サプライズ結婚式」        :  橋口 遼
─────────────────────────────────

先日、友人のサプライズ結婚式があったんです。

「サプライズ結婚式って何?」

つまり、結婚式を挙げていない新郎と新婦を、周りの仲間でサプライズお祝い
するんです。

そして、今回は・・・なんと、新郎がサプライズ対象です。

サプライズですよ?新郎に。
新婦も仕掛け人。

私もそういうのが好きなんで、新婦から連絡があったときも、

「喜んで参加させて頂きます。^^」

と、伝えました。

そして、数日たって、新郎とお茶をしていたときに、僕たち二人の前を
共通の先輩が通りました。

声をかけて、当然立ち話の流れ・・・。

そこで、その先輩が言ったんです。

「あっ。今度11日、よろしくね。楽しみにしてるよ。おめでとう。」

って。

一瞬私は、

“えっ?!11日? 11日ってサプライズ結婚式のこと?”
“いや、まさかね。本人によろしくお願いしますって言ってもしょうがないでしょ。”
“だって、バレたらサプライズにならないじゃん”

会話はそのまま流れて、友人も笑っていました。
“気のせいか”と危惧して、僕も笑って話していました。

その先輩が去り、二人になると、友人がおもむろに、

「りょうちゃん。聞いてくれる?実は、俺、サプライズで結婚式されるらしいんだよね。」

「えっ?!」

僕は何も悪いことしていないのに、心が動揺・・・。

話を聞くと、昨晩から電話とメールが鳴りっぱなしらしく・・・。

「結婚おめでとう」
「当日、楽しみにしてます^^」
「自分のことのように嬉しいよ。本当におめでとう。」

実際のメールや、留守番電話を聞かされて、まさに善意の嵐。

喜びとうれしさと、大切な人を祝福する感嘆の声ばかり。

新郎本人以外は・・・

事情を知っているだけに、相槌もたどたどしい僕。

「それでね、俺どうすればいいかなぁ?」

と聞かされた。

すかさず、犯人を探し出す俺。

心のなかで、戦闘準備。

“誰が連絡をまわしているんだ?”
“本人にきれいにばれとるやないか。”
“俺ならもっとうまく段取りするのに・・・・
“かずちゃん(新郎)がかわいそうだ。いったい、どうなっているんだ。”

新郎と別れ、すかさず彼の後輩のスタッフに電話をした。

「どうなってんの?本人にいろんな人から電話かかってきたら、そりゃ、ばれるでしょ。
誰が仕切ってんの?このイベント。」

怒りに任せて、偉そうに説教。

事情の分からない後輩もたどたどしいし、申し訳ないとあやまっている。

すっきりした自分に多少の違和感を覚えながら、
いろいろ考えていた。

結婚式の二週間前にもう一度、新郎の後輩に電話をした。

「結婚式どうすんの?サプライズにならんやろ?」

「りょうさん。大丈夫です。強引に押し切りました。ばれてません」

「本当に?!大丈夫?もうサプライズやめて、公然のパーティーにしようよ」

「大丈夫です。当日楽しみにしていてください。」

そう言われると、何も言えない。
更にそこからグダグダ説教して、電話を終えた。

まだ心がざわついている。

当然、新郎と話してもその手の話は白々しいくらい表に出さない。
心が痛い。

“彼は驚くふりをするのだろうか?”
“どんなリアクションをするんだろう?”
“大体、彼は結婚式とかが嫌いだから、自分で結婚式をしないという選択をしているのに
周りが勝手に考えてやっていいのだろうか?”

様々な考えが頭をよぎった。

そして、サプライズ結婚式当日。

新郎が扉を開いた。

「おめでとう」の歓喜の声。
新郎は笑顔。

祝福しているメンバーの顔を見渡して、涙が溢れていた。

仕掛け人の新婦もその顔を見て、涙している。

思わず、僕ももらい泣き。

その後の式の余興も、サプライズばかりで幸せな時間が式場を流れた。

悶々する気持ちが、周りの祝福と歓喜の涙で消されていくのか、
ぼんやり消えていった。

僕は反省した。

そして、考えた。
いつから僕は箱に入ったのだろう?

何を裏切ったのか?

結婚式がエンディングを迎える。
新郎のあいさつだ。

彼はこう言った。

「みなさん。本日は本当にありがとうございました。
半分知っていたとはいえ、こんなにも多くの方が僕たち二人のために来て頂けるなんて、夢のようです。一旦は中止にならないかなぁ?とか色々考えてたんですけど、
この企画をしてくれたスタッフのみんなとミユキ(新婦)に感謝です。」

新郎のあいさつに拍手喝采。そして、みんな涙が止まらない。

なにより、サプライズをしかけた彼のスタッフたちも嬉しそう。

その顔を見て、更に反省した。
そして、反省の心が湧いた理由も少しだけわかった。

僕はあくまで一参加者。

もちろん、仕掛け人側ではあるけれど、
何の手伝いもせず、当日を迎えた。

準備も何も手伝わなかった。

新婦から電話があった時に、

「俺に手伝えることあったら言ってね。」

この一言を言わなかった。

だから、あくまで外野の立場なのに、色々偉そうに説教をしていた自分に
腹が立ったのだ。

そして、人を非難した。

自分のことは棚にあげて・・・。

僕は外野からモノを言われるのが嫌いだ。

「じゃあ、自分でやれよ」

と、思い、とても箱に入りやすい。

俺は絶対そんな人間にはならない。

と、思っているのに、気づいたら僕もそっち側・・・。

全く情けない話です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

新郎新婦の見送りの時に、声をかけられた。

「りょうちゃん。全部知ってたんやろ?
俺、色々相談して逆に気を使わせたね。
ごめんね」と。

やめてくれ。かずちゃん。
これ以上俺の良心を痛めないでくれ。

ひどく心が傷んだ。

そして、その足で説教をした彼の後輩たちに謝罪に行った。

箱から出れる環境はありがたいです。
本当にあの時はごめんなさい。