The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 208 】2013/4/19

みなさん、こんにちは!
アービンジャー・ジャパンの伊藤です。

リーダーが空回りする悲劇。

しかし、当のリーダー自身は、空回りしているなんて1ミクロンも
感じていないことが多い。

~ どいつもこいつもどうしようもない奴らばかりだ・・・ ~

イライラする。

うまくいかない原因がさっぱりわからない。

まさか、自分に原因があるとも知らず・・・

陥りやすい罠。

どこに潜んでいるかわかりません。

最近、私もしっかりはまってしまいました・・・

さてさて、今週は伊藤が担当いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ トラップにはまる : 伊藤 彰記
─────────────────────────────────
なんてこった・・・

箱から出られない・・・

4月始まってまだ間もないのに、年度替わりで意気揚々と
スタートしたいというのに、しっかりと箱に入ってしまった・・・

「なんでやらんの? ふざけんなっ!」

4月1日、私自身に起こった出来事。

とある幹部社員を随分と叱りつけてしまい、それから、3日ほど
箱から出られませんでした。

い、いかん・・・  このオレ様としたことがぁ・・・

箱に入っていることはわかる。

いや、でも、正直気付いていなかった。

普段なら、こんな風に腹が立つことはないのに、なぜか猛烈に
怒りが込み上げてきて怒鳴ってしまった。

なんでだ?

いまいち原因がわからない・・・。

なぜ、箱に入ってしまったんだ?

いつどこで入ってしまった?

そこで、原因をさぐるべく、振り返り作業を行いました。

暗闇の中のロープを手繰るように、過去の記憶の中を、
どんどん遡っていく。

でも、中々それらしき原因が出てこない。

ん~わからん・・・

さらに集中。

そしたら、

~ あー、見っけたっ ~

原因がわかりました。。。

3月、今期以降、向こう5年間の中長期の数値目標を含めた
経営計画と、新たな行動指針を社員全員で策定しました。

今後のビジョンに対して、かなり盛り上がっていたのです。

私の中では・・・。

ところが、4月1日新入社員入社式。

新たな旅立ちの、記念すべき最初の行事。

なんと、打ち合わせ通りに準備されていない。

しかも、開式時間ぎりぎりになって発覚。

華々しく新人たちを迎え入れてあげようと、私もアイデアを出し、
すっかり準備は進んでいるものだと思っていました。

しかし、担当者の勝手な判断によって、かなりおざなりで
いい加減な設えに変わっている。

カチーン・・・   ブチブチ ブチン・・・

ガオー!

新年度、記念すべき最初の会社行事なのにっ!

新人たちの、記念すべき社会人としての門出なのにっ!

平成25年度、意気揚々とスタートしなきゃいかんのにっ!

あーそれなのに それなのにぃ~っ !!!

言語化してみて、ようやく気付いた私の気持ち。

モヤモヤしていた気持ちの正体。

そんな気持ちを心の奥の方でずっと抱えていたのです。

これで、3日間箱の中。

なんてこった。。。

期待し過ぎると裏切られたときのショックがでかい。

だから、危険。

しっかりと箱の罠に陥っていました。

それを刺激されてボーンと爆発。

そんな箱入り息子状態で、幹部たちの週報に目を通しました。

それを見て愕然。

私にとっては、ひどく箱に入るような事件があったのにも関わらず、
みんなが、随分と充実した週を送り、満足度が高かったなどと
レポートしているのです。

へ?

キミタチ、全然そんな風にはみえませんでしたけど?!

充実していただって?

オレ様がこんなに箱に入っているのに?

箱の中にいると、見える世界が変わってしまう。

どいつもこいつも悪者に見える。

普段は気にならない相手の弱点が許せなくなる。

他人の悪いところは抜群に見えて、良いところは、なぜか
見えなくなる。

箱の外にいても、見える世界が変わってしまう。

どの人も自分と同じ「人」として見ることができるようになる。

相手の弱点だって、それも個性だと思えるようになる。

他人の良いところが見え始め、相手を認め、受け入れることが
できるようになる。

リーダーとして、どちらが良い結果を生み出すことができるか。

答えは歴然。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

箱の罠。

どこに潜んでいるかわかりません。

どこに埋まっているかわからない地雷を踏んでしまうがごとく、それは
突然やってくる。

注意していたって踏んでしまう。

箱を抱える瞬間は、わからないこともある。

そして、爆発して初めて箱を抱えていたことに気づく。

いつの間にやら、入ってしまった箱を持ち歩く。

そして他人に影響を与える。

まるで知らぬうちにサリンをばら撒くがごとく。

私は、ばら撒きたくない。

心からそう思った出来事でした。

嗚呼、反省。