The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 212 】2013/05/24

みなさん、こんにちはアービンジャー・ジャパンの西田敬一です。

昨日、40歳の誕生日を無事に迎えたはずなのですが、、、

誕生日の前日、22日にこのメルマガを書いてます。

「パパ、明日はサプライズがあるからね!!」

「パパには内緒で、ケーキつくるんだよ!!」

5歳の娘が、鼻息を荒くしながら、僕にサプライズ企画を披露
してくれました。

「おいおい、それってサプライズじゃねーだろ。」

と心の中で突っ込みながらも、彼女の気持ちを全面に
受け取って、すでに箱の外の状態です。

さて今日は、西やんこと、西田敬一が担当します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  : 西田敬一 「 いや~~~~~、また俺なの???」
─────────────────────────────────

アービンジャーでは、全国から集まる「ファシリテーターミーティング」
なるものが存在します。

半年に1度、開催される貴重な機会。

最近の自分の体験、特に、「箱に入った」「箱から出た」
こんな話に華が咲く。

まー、みんな、根っからの箱のオタクの集まりな訳です。

僕が参加することになってから早4年。

毎回、ミーティングで気づかされることが盛りだくさん。

先日もミーティングで、こんなことがありました。

最近箱のファシリテーターになった、たーちゃんと僕の話。

ミーティング中、たーちゃんの話だけが、なぜか受けいられない自分がいました。

話を聞いてるフリはしてるけど、自分の中では抵抗心が芽生えてきてる。

「いや~~~、そうじゃないじゃん。」

「たーちゃん、本音で話してないでしょ!」

「たーちゃん、俺の心には響かんぜ。」

不思議な感覚でした。

自分の心の中を意識すればするほど、

「俺がこう思うってことは、恐らく、たーちゃんが箱に入ってるってことだな。」

そうなると、いつ、どんなタイミングで、たーちゃんに気づきを与えようかと

思っている自分。

「僕は、たーちゃんよりも、箱のファシリテーターを長くやってる。」

「だから、恐らく、たーちゃんが気づかないことを、俺は感じることが出来るんだ。」

「彼女のためにも、僕のこの気持ちは伝えないと!」

結局、そのミーティングでは、彼女に伝えられなかったので、悶々とした気持ちが
残りました。

その後、ちょっと時間があったので、僕の師匠と居酒屋に
いったのです。

「いや~~、ボス、俺は今回のミーティングで、全然人の話が
聞けんかったんです。」

「へーー、そうね。」

「まー、そういうこともあるもんね。」

こんな会話をしてる、まさに、その最中に、なんと!!

たーちゃんが現れたの。

「いや~~~、西や~~~ん!!今回のミーティングも
本当に楽しかったね~~~!!」

一瞬考えてしまいました。

「いつ、この気持ちを彼女に言うべきか?」

で、西やん、いつやるの?

そりゃ~~~、「今でしょ!!」

僕は、勇気を振り絞って、真正面から、たーちゃんに伝えたわけです。

「う~~~ん、たーちゃん、今回のミーティングじゃー、俺は一番

たーちゃんの話が聞けんかった。。。。」

(よーーーーし、ナイス俺!! がんばって、俺は、たーちゃんに箱から出たぞ!!

だって、感じたことを素直に伝えたんだから!!

いや、何だかんだいって、やっぱり俺って超スゲーんじゃん。

今の俺は、自分を裏切ってる気持ちなんかこれっぽちもねーんだから!!

こりゃー、間違いないね、俺は自分の気持ちを裏切ってない。 以上、心の声より)

たーちゃんの顔を見ると、哀しそうな顔。

(たーちゃん、そうだ、その調子だ。 よ~~く、考えてみたらいいよ。
今の俺の一言に、ハッとしたんでしょう)

たーちゃんの顔を再度見ると、今度は、困惑した様子に見えた。

(たーちゃん、ようやく分かったようだね。そうだよ、それでいいんだ。
そうやって、人は、自分の箱に気づいて、そこからまた脱出するんだよ。
いいんだよ、たーちゃん。無理せんでもいいのよ。自分の気持ちに素直になってね)

たーちゃんが、更に困ってるように見えた、

そして、そこに、偶然にも、箱のファシリテーター仲間の、りょうちゃんが
飲み会に登場しました。

「りょうちゃん、今ね、たーちゃんに伝えたのよ!たーちゃんは、自分の気持ちを
裏切ってるんじゃないかって。」

次の瞬間、僕は、驚愕の事実を知ったのです。

「は~~~??西田さん、何言ってるんですか!!??」

「はっ?? それ、どういうこと??」

「いや、西田さん、たーさんは、いっつもこんな感じなんですよ。」

「たーさんは、どんな人の前でも、このままなんですよ(笑)」

「むしろ、たーさんの方が俺には自然なんですけど(爆笑)」

「えっ??? なにそれ????」

「だから、たーさんはいつもこうなんですって!!(大爆笑)」

「うん??? つまり????」

「つまり、西田さん、どういうことですか?」

「ほほ~~~ん、つまり、箱でいうところの、俺が箱に入ってるってことね。」

「ほほ~~ん。って言う~~~か、なに~~~~~~~!また俺なの。。」

こうして、僕のマーク(箱の外の人)と出会って、

一瞬にして箱から出されたわけでした。

箱セミナーでいう、ジョンは僕で、エミーがたーちゃん、マークがりょうちゃん。

なぜか、箱セミナーの第5章でやってる「箱から出る話」をリアルに

感じてしまった僕ちゃんでした。。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
いや~~~、本当にヒドいですね、僕は。

その後、一瞬にして、たーちゃんに対する箱から出てしまいました。

見え方が一瞬にして変わったのです。

そっか、俺なのね。。

残念な気持ちや、あー、また俺やってるなーって気持ちが
あったんですけど、なんか、ひじょーに気持ちの良い瞬間でもありました。

その後、僕は、セミナー通り、感じたことを実践しよと思えて。

たーちゃんに、お詫びの電話をいれましたとさ。

たーちゃん、ごめんね。

でも、あれから、更にたーちゃんとの距離が縮まった感じがするのが不思議。

箱に入ったり、出たりしながら、お互いの信頼関係を深めていくことが

できるんですね。