The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 217】2013/6/28

みなさん。こんにちは
アービンジャー・ジャパンの橋口遼(はしぐちりょう)です。

メルマガを書いているこの日、私は小さなウソをつきました。

詳細は続きをごらんください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   「 小さなウソ 」        :  橋口 遼
─────────────────────────────────

今朝あった本当の話です。

私はウソをつきました。大切なチームのメンバーに。

いま、私たちのチームではLINE(http://line.naver.jp/ja/)でグループを
つくり、情報共有や業務連絡をしています。

使ったことのある方はわかると思いますが、すごく便利なんですよね。あれ。

その手軽さを利用してウソをつきました。

朝起きたんです。いつもの時間に。
その時に、起き上がれなかったです。

痛くて。

本当に痛かったんです。

それで、病院に行って出社しようと思いました。

それを従来ならば電話でするんですよね。遅れるという連絡。

でも、LINEを活用するようになってから、それが一言ですむようになりました。
LINEに投稿すればいいので。便利ですよね。

そこで、色々考えたんです。

電話であれば、その電話に出た人に伝えればいいのですが、
LINEの場合は一斉にみんなに情報が伝えられます。

なので、さんざん悩んだ結果の、私の投稿は以下のものでした。

「腰がいたいので、整骨院によって出社します」

すると、メンバーから様々な返信が帰ってきました。

「大変ですね。お大事に!」
「こっちは心配しなくていいですよ!」
「お大事にー!」

さらには指を立てて、
「俺に任せとけ!」
といわんばかりのかわいいキャラクターたちのスタンプが続きます。

それを見て良心が痛みました。私の。

“ダメだ。正直に白状しよう”

そして、以下の投稿をしました。

「すいません。かっこつけてウソつきました。
じつは、痔です。肛門科にきてます」
(ガッカリキャラスタンプ)

そうなんです。腰が痛かったんじゃないんです。

元々持っていた痔が再発して、痛かったんです。

でも、それを恥ずかしくて言えなくて・・・。
つい、ウソをついたんです。

だって、考えてみてくださいよ。

50人くらいいるメンバーの朝礼で、連絡受けた子が、

「橋口さん。今日は朝、肛門科に行って出社するそうです。クスッ。」

とかされるのを想像したら、ウソついちゃいますよ。

さらにはそれを聞いて、悪ノリするスタッフが

「それは、キレ痔ですか?イボ痔ですか?笑」

「いやー。そこまで聞いてないですね。フフッ。」

とかされたら・・・。

入社してまだ三ヶ月も経ってない新入社員から

「橋口さん。普段あんなにかっこつけてるのに、痔らしいよ」

「マジで?!ダサ!」

「で、どの痔なん?橋口さんは」

「どっちでもよくない?痔は痔でしょ?痔で遅刻でしょ?笑」

「だせー!痔で時間守れなかったんだー!」

とか・・・。その優越やら体裁やらの箱に入って、正直に言うべき話を
言わなかった。自己裏切りしたんです。

そして、私はウソをつきました。大切なチームのメンバーに。

その告白と謝罪をしたあとのLINEは炎上です。

「どんなウ○コがでたの?!
乳酸菌飲んでないからよ」
「痔・エンド」
「お大痔に(笑)」
「イボジン」
「ボラギノール橋口」

などなど。

それはそれは、ひどいものです。
結果として、やはり正直に行動していたほうが被害も少なくてすんだかもしれません。

自己裏切りの結果、なにが起きるか・・・。

ことをややこしくしているのはやっぱり自分ですね。

今回の一件でまた深く、理解することができました。

さんざん引っ張ったあげく、下世話な話になってしまいました。

こんな私のしょうもないお話にお付き合いいただき、ありがとうございました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

最近の治療はカメラを使って説明してくれるんですね。
とても勉強になりました。

何事も経験、経験。

さいわい、手術もしなくて薬で治るそうです。