The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 222】2013/8/2

みなさん、こんにちはアービンジャー・ジャパン、
「箱」の真ちゃんこと佐藤真一です。

各地で大雨による被害が出ていますが、みなさんは大丈夫でしょうか。

震災をはじめとして、自然災害に触れるにつれ、人間の無力さを感じます。

そしてまた来週あたりから猛暑日が続くと……
汗っかきの私にとってはつらい夏です。(笑)

そうそう、水分補給はお忘れなく。

えっ、私?

大丈夫です、ちゃんとビールで水分は補給していますので。(汗)

さて今日は、「箱」の真ちゃんこと佐藤真一が担当します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ たとえ仕事上の関係性は希薄になったとしても :  佐藤 真一
─────────────────────────────────

以前、セミナーに参加してくれたTさん。

2日間を終え、最後に一言振り返りを軽く促すと、

「実は……」

「ん、どうしたの?
質問や確認したいことがあったら、答えますよ」

「いや……。
実は、1週間前に社長から携帯に電話があったんですよ。」

「社長って、前の会社の?」

「えぇ。」

実は、Tさんは思うところがあって
2か月ほど前に長年勤めていた会社を辞めていたんですね。

「それでですね、社長が、
『T君、身体大丈夫か?胸が痛いって言ってたやろ?』
って、いきなり言うんですよ。」

「ほうほう。」

「それで、別に体調は悪くなかったんで、大丈夫ですよって答えたら、
『そうか、よかった、よかった。』って、何度も言って……」

「どういうこと?」

この後、Tさんは私に話してくれました。

実は社長の同級生が急に胸が痛い痛いって言いだして、倒れたこと。

それが心筋梗塞で、運ばれた先で緊急にカテーテル手術をして
なんとか一命は取りとめたこと。

そして、その社長が心配をして
Tさんに電話してきた、ということだったようです。

さらにTさんは、

「オレが胸が痛いって言ってたのは、だいぶ前のことで……」

「それを覚えていたんだね。
それで社長さんも気になっていたんだ……」

「ええ、ビックリしました。
それに……」

「それに?」

「社長、オレの携帯の番号、直接は知らないはずなんですよね……。
仕事用と分けていましたから」

「えっ、じゃあ、誰かに聞いてわざわざかけてきたってこと?」

「たぶん……」

「そうなんだ」

「社長がそんなにオレのことを気にしていたなんて知らなくて……」

「うん、うん」

「嫌いじゃないけど、考え方が違うなって思ってたし、
どちらかというとオレから遠ざけていたのかもしれないって……」

「そうだったんだね」

「オ、オレ……」

Tさんは目を潤ませながら、私に話してくれました。

「Tさん、社長も見てくれていたし、心配で電話をくれたってことは、
Tさんも誠実に仕事をしてきたってことじゃないですか」

「はい……」

「会社を辞めてお互いに仕事上の関わりはなくなったかもしれないけど、
その人のことを人として見続けることはできるんじゃない?」

「そうですよね。
なんかちょっと気が楽になりました」

人生の中では何度か環境が変わり、
それまでの関係性が変化することがありますよね。

Tさんのように会社を辞めれば、
当然上司・部下の関係ではなくなるわけで……

でも、たとえ仕事上の関係性は希薄になったとしても、
「人と人」としての関係性は継続できると思うんですね。

Tさんの前の社長さんが心配して電話してきたようにね。

あなたが本当は声をかけたり、連絡したりしたいのに
躊躇している人はとってどんな人ですか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

最近、姪っ子に教えてもらったんですが、巷ではひそかに流行っているらしくて……

何かっていいますと

「コップのフチ子」

これ、小さい女性のフィギュアで200円のガチャガチャでゲットできるらしいんです。

私はフィギアを収集する趣味もないのですが、
いろいろなポーズがあり、見ると思わずクスッと笑っちゃうんです。

私のfacebookにも載せていますのでよろしければどうぞ!
http://on.fb.me/17V86fT
http://on.fb.me/18Ti5qI

あるいはネットで「コップのフチ子 画像」で検索してみて下さいね。(笑)