The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 247 】2014/02/07

みなさん、こんにちはアービンジャー・ジャパン、
「箱」の真ちゃんこと佐藤真一です。

暦の上では立春を過ぎましたが、まだまだ寒い日々が続きますね。

街はバレンタイン商戦真っ最中、この週末がピークでしょうか。

最近は誰かにあげるチョコよりも自分向けに買うチョコのほうが、
購入価格が高いんだそうです。

どうりで私にも回ってこないはずだ。(笑)

さて今日は、「箱」の真ちゃんこと佐藤真一が担当します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ たしかにおもろいけど……笑えんなぁ :  佐藤 真一
─────────────────────────────────

「それ、たしかにおもろいけど……笑えんなぁ。
それはダメや。」

先日、あるテレビドラマを観ていた時に印象に残ったセリフ。

主人公がある問題に直面した時、いろいろと対応策を考えたのですが、
それを聞いていたその師匠がポロっと呟いた言葉でした。

そして主人公は反論します、

「どうしてですか、おもろいならいいやないですか?」

「でも、オレにはどう考えても、
それで最後にお前が笑っている姿が想像できんのや……」

「えっ……」

「だからそんなやり方はアカン。
お前が笑ってなければなんも意味がない、違うか?」

「師匠……」

主人公が師匠の大きな愛に触れた瞬間でした。

おもしろいかどうかよりも、最後に笑えるかどうか。

「これってある意味大いなる判断基準だな」

と思いました。

また、この話を関西生まれの仲間に話をした時に、

「そうやな、おもろいかどうかは笑えるかどうかやねん。
関西と関東でもちょっと違和感あるねんな」

「どういうこと?」

「関西はな、自分を下げてなんぼやねん。
いわゆる自虐ネタってやつや。
ワイはホンマにアホやって笑う」

「うんうん」

「でも昔、東京に出てきたとき、関東の人は自虐ネタというより、
他人を落としてなんぼやねん」

「えっ、本当?」

「あぁ、だから素直に笑われんこともようあったわ。
今でも時々感じることあるよ」

「そうなんだ……。
オレも無意識のうちにやっちゃってるかも」

「そやね、ついつい無意識で傷つけちゃうこともあるやろな」

「うん、気をつけるわ」

これは仕事の上でも当てはまるかなと。

相対的に誰かを落としたとしても、
その犠牲の上にでは心から喜べませんね。

最後に自分も相手も含めて笑えるかどうか。

最後は丸く収まっているかどうか。

「たしかにおもろいけど……笑えんなぁ」

心に刻んでおきたい言葉となりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

いよいよ今晩遅くからソチ冬季五輪が開幕しますね。

メダルへの期待も勝手に高まっていますが、
選手にはケガをせずに楽しんでもらいたいと願っています。
4年間という時間をこの一瞬のために費やしてきたのですからね。

個人的には女子アイスホッケー「スマイルジャパン」に注目しています。

当分寝不足の日々が続きそうです。