The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 251 】2014/3/14

こんにちは。ファシリテータのなかいです。

今日は、ホワイトデーですね♪
もらったら、お返しを!
「せねばならない」か
「したい」か
あなたはどちらのお気持ち??

「お返し?そんなものそもそもいっつも渡さないし。
そこに自己裏切りのきもちなんてこれっぽっちもないよ。
だから箱から出ているってことだろ?」

んん??箱マニアなら
どこかできいたことのあるような。。

さておき、今週は、そんな箱マニアのなかいがお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ いい人 : 仲井 京子
─────────────────────────────────

わたしは、昔、母親に対して箱にはいっていた。
随分と分厚い箱だ。

箱のおかげで
今ではずいぶんとその厚さは薄くなったようだが
それと比例するように
母親もずいぶんといい人に変わっていった。

以前、これを父親に聞いことがある。
「ママ、(昔に比べ)変わったよねえ。」

すると父親から返ってきた答えは
「へ?そう?」

父親いわく、母親はぜんぜん変わっていないらしい。

ってことは

私が変わったってことーー?
私の見る目が変わったってことーー?

この経験がけっこう衝撃的で
以後

相手がいい人にみえているか
やなヤツに見えているか

が、自分の箱入りを判断する
一種のリトマス紙になってたり。

最近では、人だけでなく

ネコが愛らしく思え、
扱っているモノが愛おしく思え、
やっている仕事がありがたく思えると

しめしめ♪

と勝手に安心してる
箱マニアです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
自分を良い気分にする。
それがひょっとしたら世界平和に貢献している
ひとつかもしれない。

と、つい自分へのごほうびを
買ってしまう自分に甘いなかいです。

ではよい週末をー♪