The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 252 】2014/3/21

春の風を

のどかに感じ 桜のつぼみが

少しずつ。少しずつ。花開く 今日この頃
皆様いかがお過ごしでしょうか?

この季節 街のあちこちで

若々しく。初々しい
華やかなお着物姿

少し背伸びして 希望を大きく胸張った
おろしたてのスーツ姿

そんな男女を 見かけます。

3月は大きな節目を迎える卒業シーズン。

今年は特に 私にとっても大きな大きな節目でした

今週はそんな

たぁ~ちゃんこと 大神多佳子が担当させていただきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   「 反抗期 」 :  大神多佳子
─────────────────────────────────
思い起こせば・・・
六年前
桜満開のこの季節

小さな身体に大きなランドセルを

背負って 真新しい帽子をかぶり

少し不安そうに私の影に隠れながら
手をつなぎ 学校へ向かったこと

ついこの間のようです。

そんな息子も気がつけば
最上級生として今年ありがたく卒業することができました。

しかし
振り返ってみると
何度先生に呼び出されたことかわかりません。

反抗期と思春期がダブルで降りかかってくる六年生の時期

言葉使いは悪い!

全てに対して口答え!

大柄な態度!

背伸びしながらの行き過ぎた行動!

友達との喧嘩!

反抗期が来るとは分かっていたにもかかわらず
とはいえ・・・
色々な苛立ちが積み重なり
度々イライラさせられ
腹立たしく物にあたったり!
大声を出しヒステヒックに怒鳴る!

私よりも 背も高く 体重も重い

勝てるすべがない私は

親の威厳を利用して上から目線で押さえつけようとする!

「ここまで一生懸命育ててあげたのに!
子供の癖にふざけるな!」

「そんなことでは
ろくな大人にならない!」

この反抗期はどうやったら乗り越えられるのだろう・・・

参観日の後の懇親会でも
そんな話題ばかり。

皆さん全く同じ悩みであることに少し安心感を覚えた

そのとき一人の保護者がスッと席を立ってこう言った

「子供の反抗期って私達大人の成長期
なのではないかなぁ~。と思います」

え~!とビックリ!
私にはとても衝撃的でした。

彼の反抗期の終わりを今か今かと待っていると思っていたのに・・・

それが
私達の成長期だとは・・・

そう思えてからは

なんだか

心が「す~っ」と楽になれました

周りは一切変わっていません!
もちろん相変わらず偉そうな息子の態度

しかしながら
私の心の持ち方が変わっただけで
こんなにも
こんなにも
楽になれるとは。
おかげ様でそれからの私は思いっきり
彼の反抗期で大きく成長させてもらいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
卒業式の時

ふっと
二年前に息子から言われた
言葉を事を思い出した。

「お母さん!どうせ僕もお兄ちゃんみたいに
必ず反抗期がくるから
これはみんな通る道だから仕方ないから」

「ただ、その時に
お母さん傷つかんでね。」

子供の方がはるかに大人でした。