The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 254 】2014/4/4

みなさん、こんにちはアービンジャー・ジャパン、
「箱」の真ちゃんこと佐藤真一です。

春ですね!

新年度ですね。
職場も新入社員が加わって賑わっているのではないでしょうか。

私も二十数年前、慣れないスーツで緊張しながら入社式を終え、
具体的な配属先が決まり、期待と不安が入り混じっていたことを思い出します。

とはいえ、初日から飲みに行っていたかなぁ???(笑)

さて今日は、「箱」の真ちゃんこと佐藤真一が担当します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   相手の背景に思いをよせる作戦!? :  佐藤 真一
─────────────────────────────────

先日、箱セミナーを受講された管理職のTさんからメールをいただきました。

───────────────────────────────
今日、海外からの新しい技術者を会社に呼ぶため、
入国管理局に提出していた書類審査がなんとNG判定となりました。

「えーっ、NGってどういうことだっ!」

急遽、入国管理局に行き、
審査部門の担当者に真偽のほどを確認することに。

そりゃあもう、NG判定にめちゃくちゃ憤っていたのですが、
ここで箱セミナーで学んだ

「相手の背景に思いをよせる」

作戦を思い出しました。

そして、入管の審査官の背景に思いをよせてみました。

・年度末で忙しい
・外国人の犯罪が多く、そのたびに入管の審査官も責められる、
だから、簡単にOK判定できない
・NG判定だした人から、クレームにこられたら面倒

こんな感じです。

そこで次に、以下のように考えました。

・審査していただいて、有り難うございました
・今回の審査NGは、100%私の書類不備が原因です
あの書類では、審査NGとなっても無理はないです
・今回のNG理由は、私なりに理解しております
・私の書類が説明不足であり、
NG理由の部分がうまく書類に表せておりません
再度説明書類を追加して、 再申請してもよろしいでしょうか

手帳に上記をメモして、相手の目をみて……
審査官と面談してみました。

そうしたら……いい感じで話しを聞いてもらえたんです。

そして、以下のような話をしていただけました。

「我々審査官は、技術内容が分かるわけではないので、
審査は難しいのですよ。

最近、外国人技術者が問題のあるケースが多いもので……。

今日お話を伺ったら、状況がよくわかりました。
申し訳ないのですが、再度申請書を提出してもらえますでしょうか」

そんなわけで、明日、再申請書類を持って入管に向かいます。

箱セミナーで学んだ、

「相手の背景に思いをよせる」

ということは、結構、役に立っております。

ありがとうございます。

まだまだ、瞬発力はないので、突発事象には対応できず、
いろんな「箱」が登場しますけど……。(笑)

真ちゃんに、箱セミナーで学んだことへの感謝を伝えたかったので、
だらだら書いてしまいました。
───────────────────────────────

いかがでしょうか?

Tさんが書いてくれた

「相手の背景に思いをよせる作戦」

これは、人を人として見る、そうすると目の前のことだけに囚われずに、
その人の背景や経緯、望みや恐れにも思いが馳せられる、ということ。

立場が違うだけで、同じ人間なんだっていうこと。

それを見事に実践していただけたようです。

けっして相手が悪くないということではありません。

でも、どうしてもね、「箱」に入ると
相手の悪いところばかりが目に付きますから。

そして本来の目的を見失ってしまったりするんです。

あとで冷静になってみると

「あれ、そもそもオレは何をしたかったんだっけ???
怒りをぶちまけたかったんだっけ、
それとも入国審査を通したかったんだっけ?」

とね。

相手の背景に思いをよせる、大切なことですね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

桜の季節、満開になったかと思ったら、すぐ散り始める、
はかないものですね。

でもその潔さがまた心にしみたりもします。

私の住んでいる千葉はあったかいイメージがあると思うのですが、
我が家は内陸なので都内よりも少々気温が低め。

なので、ちょうどこの週末あたりが満開で見頃かなぁと。

いつもの近所の公園に桜を愛でに行こうと思ってます。

北国はまだまだこれからですよね。

では、素敵な週末を!