The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 274 】2014/8/29

こんにちは。
橋口です。

博多は雨続きの毎日で、あっという間に夏の終わりを感じさせるくらい
涼しい日々です。

しかしながら、この雨の影響で、洪水被害が出ていますね。
亡くなられた方々、ご遺族の方々に、この場をお借りしてお悔やみ申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■      半分あいた状態     :  橋口 遼(はしぐちりょう)
─────────────────────────────────

「いや~、二日目のグリップの話は本当よかったよ」

先日、箱セミナーを受けたある印刷会社の社長とお茶をしているときに出た言葉。

「そうですか?具体的にどういうことですか?」

「いや、働くとは?のところ」

「あ~、あそこですね」

「そうそう。ばんやりと頭にはあるけど、あんな風にまとめられると
本当いいよね。

‘いい結果を出すこと’と
‘周りの人が自分以上によい結果を出すこと’

これをスタッフと共有できたことは、本当よかった」

「そうなんですね。それはよかったです。それで、具体的にどうなりました?」

そう言うと、身を乗り出して社長は話し始めた。

「事務のKちゃんがね。いつもなら自分の仕事以外関係ないって感じで、
仕事してたんだよ。自分の役割だけ。
もちろん、それはそれでいいんだ。ミスはないし、仕事も早い。
けど、周りとはあまりうまく行っていなかったんだけど、
あのセミナー以来、周りの人の手伝いをするようになってね。
最初は遠慮がちに話しかけてたんだけど、
今では自分から『私の終わったので、なにか手伝いましょうか?』
って言ってる」

「なるほど!それはすごいですね!」

「うん!本当よかったよ。
それに、僕自身にとってもよかった」

「社長もですか?」

「うん。一日目のさぁ、箱に気づいたら半分空いた状態に
なるっていってたじゃん?
あれは僕にとって衝撃だったよ!

そうなんだ~!

って。あれから意識すると、本当に箱から出やすくてね。

『あれ?いま箱はいってるのかな?僕。って』

考えるだけで、だいぶ楽になった。
いままでは相手のせいにして、責めてばかりで結果自分が苦しかったんだけど、
いまは本当に楽だね。楽になったよ」

社長は変わらない笑顔でニコニコと笑った。

その笑顔を見て、僕も思わず嬉しくなりました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

冒頭にも書きましたが、改めて今回の水害にあった方々、
ご遺族の方々にお悔やみ申し上げます。