The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 291 】2014/12/26

今年最後のメルマガは、
メルマガ初登場の、川ちゃんこと
川崎紘子がお届けします!

名古屋でOLしながら、
箱のファシリテーターを目指して勉強中です。

公認ファシリテーター目指す、第一歩として
メルマガ担当に手を挙げた私。

手を挙げたものの、
「メルマガのネタ探すのが大変だな。」
「そういえば、最近箱に入ったことあったかな…。」

そんな風に考えていると、書くのが難しく思えてきて
メルマガの担当が少しでも先だったらいいのにと祈っている
自分もいたのでした。

そう祈っていたのに、年内ギリギリで回ってきました(汗)

書くと決まってネタを探してみれば、
箱に入ったエピソードって
探せば日々の生活に溢れてるんですね。

日々箱に入っていることすら気付きませんでした(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ あなたのためだから! : 川崎紘子
─────────────────────────────────
1月から”リーダー”といういわゆる、主任くらいの
役職をいただけることになりました。

そんな人事発表があった後、同僚からは
「おめでとう!」「良かったね!」と声を掛けてもらい、
次のステージでも頑張るぞ!と決意を新たにしたのでした。

そんな中、別の部署の上司からも言葉を頂きました。

上司:
「川ちゃん、おめでとーー!良かったねー!私、めちゃくちゃ推したんだからー!!」

私:
「あ、ありがとうございます。頑張ります!」

上司:
「リーダーになったんだし、さらに仕事の幅広げてさ。
今の業務や部署に囚われず、
なんなら新人営業マンくらいの仕事はできるようになって欲しいなぁ~」

私:
「あ、はい。期待に答えられるように頑張ります!
(…って、私、事務職なんだけど)」

上司:
「あ、そうそう。あのお客さんとの商談なんだけど。
なかなか担当の方が捕まらなくって…
川ちゃん、電話しておいてくれる?!
なんなら、申込書回収まで頼むわ!ね、リーダー!」

私:
「あ、はい…では、後から担当の方に電話してみます。」

上司との会話の後、心のモヤモヤが半端ない。

最初の「おめでとう」は私に仕事を頼むための前振りだったのか?!

「推したんだから」で、私は恩を着せられたのか?!

リーダーって言う名の便利な道具として扱われてるのか、私?!

そんな考えが頭をめぐる。

そうやってモヤモヤしてると、隣の席の後輩ちゃんが

「川さぁ~ん!リーダーおめでとうございます!
私、本当に嬉しいです!!
川さんにはいつもお世話になってるんで…
川さんがちゃんと会社に評価されて、私本当に嬉しいです!」

満面の笑みでそう言ってくれた後輩。

そうだ。

そもそも、リーダーになることを一つの目標にしてたの、私自身じゃん。

そもそも、事務以外の仕事もしてみたいって私思ってたじゃん。

そうやって、スキルアップ、キャリアアップすることが私の目標だったじゃん。

後輩が笑顔で声掛けてくれたお陰で、”そもそも”を思い返すことができたのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
オフィスで電話が鳴るたびに、
箱から出たり入ったりしている自分に気付きました。

たった1コールの間に
自分が電話を取るのか、他の人が取るのを待つか、
感じたことを行動するか、裏切るのか葛藤します。

たった電話1本の小さい話しなんですけどね。

でも一瞬、「電話を取るのが面倒だ」って思う自分が出てきて
その瞬間だけ、忙しいフリをしている自分もいたりするんです。

電話1本で自己正当化を始める私。

日々の生活は箱のネタに溢れていて、
まだまだ箱の中の生活です。

来年は今年よりも、箱の外の世界の時間が
少しでも長くなりますように!

来年も引き続き、どうぞよろしくお願いいたします。