The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 304 】2015/4/3

新年度になりましたね!
新しい環境からスタートしている方もいらっしゃると思います。

環境が変わらない方も、何か新しいことを始めた方も少なくないはず。

そんな新年度、最初は
川ちゃんこと川崎紘子がお送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 乗り越えられない試練は無い : 川崎紘子
─────────────────────────────────
夜10時のオフィス。

そろそろ帰ろうかと思った時、
仲良しNちゃんがまだ仕事してる姿を発見。

こんな時間まで珍しいなーと思い、
パソコンに向かうNちゃんに声を掛けてみた。

「Nちゃん、今日は遅いねー!」

Nちゃんがふと顔を上げると、
なんと、涙が今にも落ちそうな涙目で、
「川ちゃん、もう無理や〜」と
言ったかと思えば、ハンカチ取り出し、号泣。

聞けば、今日は上司と先輩に
仕事のことで詰められたらしい。

しかも、最近それが続いていたが、
今日は本当に厳しかったらしく、
もういい加減辛いとのこと。

Nちゃんが落ち着くまで話しを聞き、
「何かあったら、いつでも声掛けてね!」
と言い残して、先にオフィスを出た私。

オフィスを出ても、
泣いてたNちゃんのことが気になる。

実は、私はNちゃんの先輩であるKさんから状況は聞いていた。
Kさんは「今はあいつのため」そう心を鬼にして、彼女をマネジメントしてると。

いや、でもさ。

泣くまで、あそこまで追い詰められるほどの後輩指導は
正しいマネジメントなのだろうか…

泣いてたNちゃんの為に、私ができることはなんだろう…

今すぐKさんに電話して
「Nちゃん、泣きながらこんな時間まで仕事してますよ!
何かフォローしてあげた方がいいんじゃないですか?!」
とでも伝えた方がいいんじゃないだろか。

いや、でもKさんもそんなこともわかった上でのマネジメントだろう…

でも、泣いているNちゃんを何とかしてあげたい!

そんなふうに葛藤はしたけれど、
結局、Kさんには連絡せずに
Nちゃんに「早めに帰れた?」とだけメッセージを送り、その夜は終わった。

次の日の朝、早めに出社した私。

すると、すでにNちゃんの上司が出社してて、
朝の静かなオフィスには、私とその上司のGさんの2人。

昨日、Nちゃんが追い込まれてたこと、上司のGさんにも伝えた方がいいのだろうか…

1人、勝手に気まずい空気を感じてる私。

いや、でも他のチームのマネジメントに口を出すべきじゃないよね?!

でも、今日Nちゃんが会社に来なかったどうしよう…
私は彼女の心情を知ってたのに、見過ごしてしまったと後悔するのだろうか…

そんな風に葛藤しているうち、Nちゃんが出社。

とりあえず、会社には来たことに安堵しつつ、
結局、上司のGさんにも何も伝えられないまま終わった。

その日のお昼休み。

Nちゃんに声を掛け、コンビニまで一緒に行くことにした。

なんだか、昨日よりは大丈夫そうなNちゃん。
「昨日は大丈夫だった?午前中も乗り切れた?!」と聞いてみる。

「それがねー、午前中にお客さんにも連絡して、
上司と先輩にもそれ話したら『分かった』って言ってくれて、とりあえず片付いたのー!
でも、昨日の夜は本当に辛くって…いろいろありがとね!」

なーんていって、結構、ケロッとした表情して笑顔のNちゃん。

……私の一晩と今朝の葛藤も知らず(笑)

KさんやGさんに余計なこと言わなくて良かったーと安堵しつつ(笑)
人ってやっぱり試練はちゃんと乗り越えられるんですね!

改めてNちゃんに教えられたのでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
先日新しいことにチャレンジしました。

「川ちゃんは何をしている時が楽しいの?」
「うーん、料理してる時かな」

こんなやりとりから、友達とのイベントで私が軽食を振舞うことに。

人に自分の料理を作るなんてしたことなかったし、
10人分を作ったこともなかったけど。

仕事も忙しい中の準備で大変ではあったけれど、苦ではなくって。

参加してくださった方も、美味しく食べてくれたし
自分の新たな特技というか、趣味を発見したのでした。

皆さんは、損得なしに「楽しいな~」って感じること、何ですか?

何か始めるには良い新年度。
なにか自分がワクワクすること、はじめてみてはいかがでしょうか?