The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 317 】2015/07/3

みなさん、こんにちは。
「かわちゃん」こと、川崎紘子が本日はお届けします。

採用関係の仕事をしている私は、

3月がもっとも忙しく、

やっと落ち着いてきた今日この頃。

この3月はこれまでの人生で一番働いたかも!?

そのお陰でいろいろな気づきがあった

1ヶ月間でもありました。

そんな時期を通して

気付いたことを書いてみました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 頑張ってるのは誰のため? : 川崎 紘子
─────────────────────────────────

「川ちゃんは、ちゃんとお客様の方を向いてたのかな?」

面談で言われた上司からの言葉に衝撃を受けた。

採用関係の仕事をしている私は、

大学生の就職活動が開始になった

3月が仕事のピークだった。

連日の残業。

やっても、やっても終わらない。

周りを見渡しても、

グループ全体が忙しい。

「やっぱり、私がやらなきゃ」

そう思って頑張った。

ピークも何とか乗り越えた後の、四半期に一度ある、上司との面談。

あれだけ頑張って残業して。

他のメンバーにも迷惑掛けないように、

自分の仕事は自分でやって、一生懸命頑張った。

だから、評価されて当たり前。

そう思って面談に挑んだのに、

上司から言われた言葉がこれだった。

予想外の言葉に、一瞬目の前が真っ白になった。

「忙しいとは偉大なる正当化である」

「被害者意識」

「自己正当化」

私はグループの中で、

いや、会社の中で誰よりも頑張ってる。

そう思っていた。

でも、「誰のため?」

改めて問われた時、

自分が持ち歩いていた

箱の存在が頭をよぎったのでした。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

実はこの面談が複数回繰り返されまして…

結局、あの残業が続く中、

私が箱に入っていたのか、

箱から出て成果を届けようとやっていたのか

今となっては正直分かりません(笑)

でも、仕事をしていくうえで大切なのは、

思っていること、考えていることを

チームやグループでに話し合うことで、

きちんと自分の状況を周りに伝えていくこと、

相談していくことなんだなと教わりました。

まだまだ箱を持ち歩いている私ですが、

同僚のマークの存在が、

今回も私にいろいろと気づかせてくれたのでした。