The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 338 】2015/12/5

こんにちは。西田敬一です。

今日はホームの名古屋から東京へ。

月に一度の東京出張。

10月に箱セミナーを受けて下さった企業さまに訪問。

社長と女子社員とのやりとりに思わず笑った。

今週は、西田敬一です。
どうぞ、よろしくお願い致します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 「ムフフ。社長、箱に入ってましたよね」: 西田敬一
─────────────────────────────────

人間は主観的な動物なので、必ず「盲点」があります。

でも、自分で気付いてなくても、他人にはハッキリと
見えたりするもの。

そこに気付くために、他者と存在しているのでしょう。

それは、その社長と女子社員がお客様を訪問した時の
ことだそうです。

「御社の課題点はこれなんで、うちのサービスを使いながら
こんな感じで解決していきましょう。」

「具体的には、こうしてああして。」

社長は、採用担当者の実務を軽減するという、ニッチな分野に的をしぼったシステム系ベンチャー企業の創業者だけあって、非常に頭が切れます。

最初は、相手の担当者に合わせ、ゆっくり話をしていた社長ですが、自分で使用方法を説明していると、しだいに自分のリズムになっていったそうです。

世の中の多くの社長がそうであるように、
その社長も、話しているうちに、新しいアイデアがガンガン湧いてホワイトボードに自分の構想を殴り書き。

説明スピードは時速200Km。

たたみかけるような説明の後、社長は得意げに、

「で、お分かりいただけました?」

「えっと、、、、」

狼狽する先方の担当者。
「あちゃー、社長、完全にマイワールドに入った・・・」

すでにドキドキしている同席の女子社員。

さらに、そこで社長が追い打ちをかける。

「御社の課題は、こうでああで。
うちの商品をこういう風につかっていくだけで!!!」

時速300Kmオーバーの迫力。

「・・・・っと。 お分かりいただけましたか???」

口調は丁寧だが、社長からは怪しげなオーラ。

「社長ったら、オレってすげー頭いいだろって、完全なドヤ顔」

緊迫する空気に、ハラハラする女子社員。

すると、

「・・・・すみません。私、、頭悪いもんですから、、、」
うつむいて、頬が赤くなる担当者。

帰り道。

「社長、さっき、完全に箱に入ってましたよね。」

「えーー!!うそーー!!オレが!?・・・」

「そーですよ。社長、完全なドヤ顔でしたもん。オレって頭いいだろって感じで。」

「ちなみに、担当者の人が困ってたのって分かりました?」

「うっ、うっーーん。」

「あれって、優越の箱って言うんですよ!」

「がーーん。。。。」

その後、女子社員に諭された社長は、自分では気付きにくいので
そのモードに入ってたら、「アイコンタクト」を出してくれとお願いしたそうです。

それからは、その社長は、女子社員のアイコンタクトですぐに「ドヤ顔モード」に気付くようになったそうです。

やっぱり社内の共通言語と共通認識って
大事ですね。

それにしても、素晴らしいチームワークです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

僕も何度も「顔」を指摘されたことがあります。

「ニヤニヤ顔」。

上から目線で来る相手の弱点を見つけた時、

今から、その弱点を逆手にとって、

「トコトン追いつめたるで!」

と、そんな時に、顔がニヤニヤしてるらしいです。

ニヤニヤしてたら、一言声をかけてください。

あっ、、

そういえば、毎日、ニヤニヤしてました(笑)