The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 364 】2016/6/10

みなさま、こんにちは。

私の住む札幌では、昨日から、よさこいソーラン祭りが始まりました!
今日は、あいにくの雨模様。
踊る方も見る方も雨に濡れながらになってしまいますが、
会場はきっと熱気に包まれていることでしょう。
6月の札幌は、よさこいソーラン祭りに北海道神宮祭と、盛りだくさんで楽しめます。
ぜひ、遊びに来てください♪
と、いうことで、今週はファシリテーター見習い中の野中雪江がお送り致します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 突然の来客 : 野中 雪江
─────────────────────────────────
今日は10時には事務所に行こう!
そう決めていたにも関わらず、気がつけば既に9時45分。
事務所までは、車で約25分。
今スグに出発しても10時には間に合わない…。
特に予定もなく、タイムカードがある訳でもない。
まぁ、いいか。
10時30分には着くかな。。。
そんなことを思いながら、出かける支度をしていると、
会社のスタッフからLINEが届いた。

「今、東京の〇〇さんから電話があり、近くに居るので事務所にいらっしゃるとのことです。」

「えっっ!突然なに?」

瞬間的に怒りが込み上げてくる。
当然、スタッフへの返信には怒りの感情がたっぷりと含まれるものとなる。

「何時に来るって?私が居ないってことは知ってるんだよね?何の用事か聞いた?」

スタッフは、もちろん私の怒りの感情を感じるわけで、
「すぐに来るとのことです。不在であることは伝えてあります。渡したいもとがあるとのことです。」
と、聞いた事にだけ冷静に答える。

スタッフが悪くないことは分る。先方が悪くないことも分かる。
そう、頭では分かっている。
でも、イライラが治まらない。
完全に箱に入っていることも自覚した。
それでも、イライラは増すばかり。
イライラしている自分にもイライラする。

事務所へ向かいながら考える。

私は、何にイライラしているのか?
そもそも、〇〇さんに会いたくないのか?
答えはNOだ。
会いたくない相手が来るからということじゃない。
会いにきてくれることは、むしろ嬉しい。
スタッフとのLINEでのやり取りに問題があった?
いやいや。
必要な情報のやり取り以外は何もない。
私の怒りの感情が見え隠れする以外には…
んっ?その怒りはいつどこから現れた?
あぁぁぁ…。そうか!

最初に思った通り10時に事務所に行っていれば、何の問題もなかったんだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
自分が決めた時間どおりに行動しないことや、
10時なのに事務所に居ないということに罪悪感を感じつつ、
自分を甘やかしているということを相手に知られたくなかったというのが、
私の怒りとイライラの正体です。『~ねばならない』に捉われて、
そう出来ない自分を刺激されると、いとも簡単に箱に入ります。
そうして、自分を正当化し相手を悪者に仕立て上げていく…。
自分を甘やかすなら、甘やかすと決めて誰にどう思われようと
関係なく甘やかす方が、変なイライラを巻き散らかさずに済みますね。