The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 382 】 2016/10/28

こんにちは。
アービンジャー・ジャパンのなかいです。

先週末は3日間トレーニングで
アービンジャーの仲間と過ごしました。
このタイミングでメルマガを書ける
(実は意外とよくこのタイミングで回ってくる)
強運に感謝!

なにかを学ぶ前後って
いろんな出来事が起こってくれるのデス!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 本当のサービスって? : 仲井京子
─────────────────────────────────

ゆったりした時間の3日間はあっという間、
また日々のどたばたが始まった。

でも学んだことは心にまだとどまっている。
大丈夫。大丈夫。

仕事がめんどうになるときは
たいがい箱いりだ。

なんで自分が?
なんと勝手な!
それくらいのことでいちいち

こんな「ぼやき」がでてきたら要注意。
ちゃんとお客様の為に
スタッフの為に・・・

そんな中、
一本のメールがはいってきた。
そう4日前に送ったメールの返事だ。

まあ、いつものことだが
にしても、、

おそい!!

でもその内容をみたときに
なぜか心がとても温まった。

忘れ物を送ってほしいというお願いのメール

書きながら感じていた私の気持ち

あーなんてどんくさいんや。。
かっこわるいなー、めいわくかけてわるいなー
お世話になった上にお願いする。
イケテナイ。。。

わたしなら、きっとこう答えるだろう

気にしないで
大丈夫よ
すぐに送るね

でも彼はちょっとちがう

傘忘れたの、きづいていましたよ
今日送りました
楽しみに待っててね

楽しみにって。。。
でも
うまくいえないけど
恩着せがましくなく
なーんやってほっとするような。。

いつも仕事で気を付けていること
できるだけすぐに対応する!
早さは信頼の証
それが誠実だと思いやってきた。
出来てなければ、いいわけをしたり相手のせいにしたりおちこんだり。

でも本当のサービスって
そんな行動基準じゃないのかも。。

仕事をこうしなければならない!
と何かに追われて進めるより
自分の心の調子を整え、
相手の喜ぶ顔を想像してみると
本当のサービスができるのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
実は今回、素敵な親子を見ることができました。
似てたり
似ていなかったり
んーいずれにしても素敵!!
相手の家族関係をみるとそれだけで相手への理解が深まりますねー

次回は、チャッチャラッチャツチャ
たーちゃんこと、大神多佳子さんです!

では、また来週!