The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 386 】 2016/11/25

関東では54年ぶりに11月に雪が降りましたね。

つい最近まで、暖かったのに
急に寒くなって雪まで…。

なんだか、気まぐれな気候ですが
体調管理にはお気を付けください!

それでは、本日は川ちゃんこと
川崎紘子がお送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 一生に一度の結婚式 : 川崎紘子
─────────────────────────────────
半年間準備してきた結婚式まで、
いよいよあと2週間。

準備を始めた時に
「どんな結婚式にしたい?」

考えて、私から出たのは

その日は私が主役なんだから、
チヤホヤされて当然!

でも、私、そんなに若くないし、
準備とか大変って聞くし、
できる範囲内でやりたいな。

参列した人にも、
「スゴイ式だったね!良かったよー」って
言われるような式にしたいな。

こんな思いから決まっていったのが、

親族のみの式。
ちょっと門構えが立派に見える、
お寺が式場。

親族のみだけど、祖母を呼ぶと
母に迷惑が掛かるだろうし、
弟の式にも体力に自信が無いと来なかったから
祖母は呼ばないでおこう。

結婚式も大切だけど、
結婚式のことで、
旦那とはケンカしたくない。

ケンカしてまで、
やることはしたく無い。

結婚式の準備で、
自分のキャパオーバーを起こしたくない。

とにかく、できる範囲でできることを…

準備を進めていくうちに、
旦那にアレは?コレは?と
いろんなアイデアを出されるけれど、
どれもしっくりこない。

だって、そのアイデア、
なんか大変そうだし。

そのアイデアじゃ、
私にスポットライト当たらないし。

そのアイデア、
友達がもう結婚式でやってたし。

準備するのにキャパオーバーしそうだし、
何かすれば、ケンカの元になりそうだし。

どんなアイデアを出しても
全て却下する私に、旦那が一言。

「別にさ、準備中にケンカしても良くない?!

当日、自分たちが主役なのは当たり前。
だからこそ、来てもらう人をおもてなしして、
楽しんでもらう式にしようよ。

おばあちゃんだって、
お義母さんには迷惑かかるかもしれないけど、
来て欲しいと思うなら、
お義母さんにお願いしてでも、
来てもらった方がいいよ」

結婚式のこと、
こうなって、当然。
でも、これは嫌だ…

なんて言ってた私にとって、
この言葉を消化するのに
3日くらいかかった。

けれど、旦那のこの言葉で、
私が私が、という
当然や体裁の箱から出ることができた。

結局、大きなケンカはすること無く
ここまで来ることができた。

祖母のことも、まずは母にお願いをし、
衣装も一緒に見に行って揃えてもらい、
快く来てもらえることになった。

やっぱり友達にも来て欲しいから、
子供も連れてこられるように、
待合室やベビーベッドも会場に準備してもらい、
なるべくみんなが来やすい用意をした。

さぁ、当日はみんなに
「WOW!ワォ!」を
届けられる式になるだろうか…

あとは、天気が良くなることを
祈るばかりだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
いつの間にか、もう11月も終わりに近づき、
残すところ、今年もあと1か月ですね!

寒さもこれから本格化してくるかと思いますので、
皆さん、温かくしてお過ごしくださいね!