The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 409 】 2017/5/12

ゴールデンウィークも終わり、皆さんはいかがお過ごしですか?

東京の方では、朝の通勤電車が体調不良の方が出て
運行状況に乱れがあったというニュースもありました。

五月病なんて言葉もありますが、
体調管理には気を付けて、日々お過ごしくださいね。

それでは今回は、川ちゃんこと川崎紘子がお送りします。
川崎紘子の詳しいプロフィールはコチラ↓↓↓

川崎紘子

川崎紘子


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ マタニティライフの現実  : 川崎紘子
─────────────────────────────────
妊娠後期を迎えた私。
7月に第一子を出産する予定です。

初めての妊娠で、もちろん楽しみではあるけれど、
正直、不安なことの方が多かったりします。
そして、何より私を不安にさせるのが
日々の体調の変化。

妊娠初期のつわりによる、
胸やけや胃もたれから解放されたかと思ったら、
次は腰痛に襲われる。

食べたいものが食べられるようになったかと思ったら、
助産師さんには「体重が増えすぎですよ」と言われ
母子手帳の体重欄には赤の二重線を引かれる。

独身貴族の年子の妹には
「お姉ちゃん、お肌やばくない?!
めっちゃむくんでるし、くすんでるよー!
私たち、1歳しか変わらないのに~
ここから女の差が出てくるんだからさ~」
と、女子力の低さを指摘される。

これまでの洋服も入らなくなって、
オシャレも全く楽しくない。

私のマタニティライフは、劣等感の箱の中。
その箱がどんどん重く、固くなっていく日々。

そんな中、ゴールデンウィークが近づいてきた。
子供が産まれたら、夫と2人きりで過ごす時間も減り、
私自身も、子供中心の生活になるだろう。

こんな体調でも、動けるのは今だけ!
夫と2人きりの最後の連休を楽しみたいな。

そう思い、夫にゴールデンウィークの過ごし方について
聞いてみることにした。

「ねぇ、2人きりの最後の大型連休だしさ~
今のうちにどこか出掛けたい場所とか、
しておきたいことってある??」
私がそう尋ねると、夫が開口一番、

「なんかさー、”今のうちにしかできないこと”って
なんか発想がネガティブじゃない?!
”子供が産まれてから楽しみなこと”考えようよー」
夫は笑顔でそう返してきたが、
私の箱はますます重くなり、
ガシャリと夫に対して箱に入り鍵が閉まる音がした。

そこから、自分を攻めてばかりいた劣等の声から
夫を非難する心の声が始まった。

「いいよねー、男の人は。
別に自分で産むわけじゃないしさ。

子供ができたって、体調が変化するわけじゃないし、
どうせ、平日は会社にいっちゃって生活リズムは変わらないし。

産んだ後も、体がしんどいのは私だしー。
しんどい中、いろいろするのは私なんだからね!

いつもと変わらない生活に、付き合わされるのは、
体調も状況も変わった、私の方なんだから!!

発想がネガティブ!?
ネガティブじゃなくて、事実、現実だよ!!!」

心の声が、涙と一緒に漏れそうになるのを抑えながら
私は夫に
「あ、そうだねー。
じゃあ、私もこれからの楽しいことで考えてみるねー」
といって、連休の話題を終えることにした。

そして、私は寝室にいって
私のマーク的存在であり、人生の先輩でもある母に電話を掛けた。
母とは他愛もない会話から始まり、
自分の体調の変化や気持ちの不安定なことを話し、
夫は、子供が産まれてからの生活を
楽しみにしてくれていることを話した。
「うんうん、分かるよー!ママの時はね~」
なんて、言いながら、私に起きている変化に共感しつつ、
自分の体験談を話してくれた。
そして、最後に一言。

「大丈夫。
あんたにはこうして話せる母親がいるんだし、
産まれてくるのを楽しみにしてくれている夫もいる。

大丈夫だから、
あんたはどーんと構えてなさい!」

そういわれて、私の箱が、
そして、心がふっと軽くなったのだった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
結局、この後私は「連休中にやりたいことリスト」を作成。
夫には相談せずに「私はこれがやりたい!」とリストを手渡ししました。

部屋の片づけから始まり、
赤ちゃんを迎える買い物リスト、
藤棚が見に行きたい、
美味しいパンが食べたい、
コメダ珈琲でモーニング、
スタバでお茶をする
毎日、その日に食べたいものを食べる

など、全部で25個程度のリスト。

そこに夫が書き足したのは、たった1つ(笑)ドライブ。

私の体調も考慮すると、全部は連休中に叶わなかったけれど。

「あれもできない。これもできなくなる…」と
劣等感の箱ばかりに入っていたけれど。

箱から出て、リストにしてみれば、夫に言わせると
「こんなの簡単にすぐ叶うジャーン」というものばかりでした。
でも、箱に入ってしまうと簡単なことも難しくなるし、
それがまたどんどん箱を重く、固くさせてしまうんですよね~(汗)