The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 412 】 2017/6/2

こんにちは!

2017年も半年が過ぎ、気がつけば6月に入りました。
梅雨入り前の穏やかな季節。
みなさま、いかがお過ごしですか?
6月と言えば、北海道が誇る『アスパラガス』が旬の時期です。
北海道のアスパラは、寒暖差が生み出す、何とも言えない甘さが最高で
口にするたび“北海道に生まれて良かった~”と、つくづく思います。
この季節に北海道にいらっしゃったら、ぜひ、旬のアスパラをご賞味ください!

ということで、今回は札幌在住の野中雪江がお送り致します♪

野中雪江の詳しいプロフィールはコチラ↓↓↓

野中雪江

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 良い人の振りがもたらす影響        :  野中 雪江
─────────────────────────────────

冬の間お世話になった毛布を手放せる季節がやってきた!
ウキウキしながら、毛布を洗濯機へ入れて『毛布洗いコース』を選択。
しばらくすると『ピーピー ピーピー』とエラー音が鳴り響いた。
エラーを解除するため悪戦苦闘すること30分。
何とか、解除出来たところで、ふと気づく。

そういえば、最近キュルキュルと変な音がしていた。
もうそろそろ、買い替えが必要かも…。

そんな中、たまたま通りかかった家電量販店で、洗濯機を見ることに。

特に今すぐ買おうとは思っていなかったけれども、
見ていると熱心な店員さんがあれこれ説明してくれる。
そんなに暑い店内では無いのに、汗だくになりながら一生懸命に
メーカーの特徴と値段の違いを教えてくれる。

最後には、言ってもいないのに値引の提案まで…。
まぁ、どのみち買い替えようと思ってはいたし、家電量販店に来る時間もそんなに取れないので、
ここで買っても良いか!と、洗濯機の購入を決定!

そうしてレジへ向かうと、ポイント還元の変わりに数千円相当の『宮崎和牛』をつけてくれると言うではありませんかっ!
ラッキー!今日、決めて良かった♪

と、思っていた数分後、
何やら違うお肉のカタログをもって満面の笑みでページを開くお兄さん。

「さっきのより、こっちの“はじっこハラミ1kg”の方が良いですよね!いっぱいある方が良いですよね!1kg良くないですか?ハラミですし!こっちにしますね!」

あまりの嬉しそうな表情に、お兄さんと同じようなテンションで
「わぁ~!そうですね~1kgスゴイですね!」と答える私。

「では、伝票とってきますね」と、お兄さんが離れて気づく。

私と主人の2人しかいないのに、1kgのお肉をどうやって食べる?
しかも、ハラミ…。脂っこいお肉ではないか。
それは、どちらかというと苦手だ。
最初の和牛が良かったなぁ…。

そんなことが頭の中でグルグルと回る。

今ならまだ間に合う、さっきの和牛が良いと言うだけだ。
さぁ、勇気を出して言うんだ!「和牛にしてください」と。

そんな葛藤が続いていても、結局そのことを言いだせず、伝票に記入する私。

“本当に望んでいることを言わない”ということが、自動反応的に起こる。

そして、

勝手にハラミをすすめてきたお兄さんを、
洗濯機を無理やり買わせたお兄さんを、
心の中で非難し始める。

自分がまるで騙されたかのような気分になる。

気がつけば、自己正当化が始まっていた。
わがままな人だと思われたくない。
めんどうくさいお客さんだと思われたくない。

要するに、良い人だと思われたいということが、私自身を苦しめている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
おまけの肉の話が、騙されて洗濯機を買った話になるところでした。

この出来事を通して、私と体裁の箱について考えてみると、
普段あまりにも多すぎて、箱に入っていることに気づいていなかったことに気づきました。
箱を持ち歩くって、こんな感覚なのかも?と、新しい発見をしています。
まだまだ、解らないことばかり…箱はやっぱり奥が深い。