The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 432 】 2017/10/20

台風が近づいています。

日曜日の出張は中止にしたので、久しぶりにゆっくり時間が取れそうです。

でも、来週末の社員研修旅行の準備が全然できていないのでやらないと・・・
最近、社員と向き合う時間が多く、

社員同士も「仲間」としてのつながりが強くなってきた気がしています。

これも、全て「箱」のおかげです。( ^)o(^ )
石橋晃の詳しいプロフィールはコチラ↓↓↓

石橋晃


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■箱セミナー : 石橋 晃
──────────────────────────────────
先日、今年入社の新入社員数名に、箱セミナーを受講してもらいました。

1日目が終わると、ファシリテーターの西やんから、

「みんな、超良かったです!」と一言だけメール。

何がどう良かったのかもさっぱりわからないメールでしたが、

2日間が終わったらまた詳しく聞いてみようと思い、

特にどんな感じだったかは聞くことはしませんでした。

すると、その日の夜、

セミナーを受けた1人の社員、Sさんからメールが。
(以下、そのまま転記)

***

お疲れ様です。夜分遅くに失礼致します。箱セミナー1日目が終了いたしました。

振り替えってみると今まで半年間、自分なりに頑張って仕事をしていきましたが、ずっと箱に入っている状態で仕事をしてきたように感じています。

叱責・ご指導をいただいているときも、よく「『はい』が多くて、もういいですってこの場を乗り切ろうとするように見える」と言われました。

私はずっとそんなつもりはないと思っていましたが、今回の研修で無意識に自己防衛をしていたんだと気づきました。

また、今まで無意識に自己裏切りをたくさんしてきたと思います。その度に箱に入っていました。

そして、自分はできない(劣等)と思っているけど、できる人のように見せたい(体裁)→失敗してまた劣等が強くなっていることもよく感じました。

けれど、今日、ようやく箱から出る第一歩を踏み出せました。

今まで本当にご迷惑ばかりかけてしまって申し訳ありませんでした。

たくさんの指導をしていただいて本当に感謝しかありません。

まだまだ、精神的に弱く、未熟で箱に入りがちなところはあるかも知れませんが、箱セミナーが終わったあと、一皮むけて精一杯仕事に励みます。

また明日、箱セミナー2日目に参加して自分を見つめ直していきます。

今回はこのような機会をいただきまして、本当にありがとうございました。

***

箱セミナーの1日目が終ると、宿題が出ます。

自分が最も箱に入っていると思われる人に対して、自分が今すべきこと、出来ることをしなさい、

というものです。

今回、めでたく、Sさんに一番箱に入っている対象として選んでもらいました。笑

たぶん、自分なんだろうなと想像は出来ていましたので、

メールの着信が来た時には「やっぱり!」と思いましたが、

メールの文面を読んでいるうちに、

自分自身がSさんに対して、箱に入っていたことにも気づかされました。

Sさんが今、経験している試練、重荷、苦痛。

どんなことを苦手としているのか、不安に思っているのか。

それにさらに自分が加えたと思われる試練、重荷、苦痛。

大小に関わらず、Sさんを軽視したり、見下して見てきたこと。

人を人として見る、そんな当たり前のことが出来ていたのかと自問自答するうちに、

涙が流れてきました。

箱から出ました。

また、箱に救われる自分。また、西やんにも救われる自分。

きっとこれからも、そうなんだと思います。(^-^)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
社員からあんな素晴らしいメールをもらえることは当たり前のことではないし、

社員全員が「箱」という共通言語の元、

皆が分かり合って、安心して自分をさらけだせる環境で働けることも当たり前のことではないと、

今更ながら気づかされました。

今日は心から宣伝させてください。アービンジャーの箱セミナー、
おすすめです。( ^)o(^ )