The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.103】2011/04/15

今週は私、西田敬一が担当します。

「涙もろい男性」を募集中です。

この前、3歳の娘と映画を観にいきました。

幼稚園児のヒロイン、「プリキュア」の映画です。

そしたら、なんと・・・・・・(編集後記へ続く)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「子供を妊娠して・・・」 : 西田敬一
─────────────────────────────────

「妊娠1ヶ月半なんです。」
クライアント先の廊下で出会った女性が、笑顔で話しかけてくれた。

「そっかー、検診とか受けてる?」

「それがこの前、検診で・・・・・」 急にうつむいた彼女。

「どうかしたの?」

「それが・・・・・、ちゃんと心臓があったんです。
あっ、駄目だ、また泣けてきちゃった・・・・」
こう言って、彼女は私の前で、涙を流し続けた。

「なんか最近、やたら涙もろくて。」

妊娠した女性は、涙もろくなることが多い。

ホルモンバランスが崩れるから、涙が多くなるといわれてるが、
涙は何のために流れるのか?

きっと、「強くなるため」だろう。

最近、涙を流すと「免疫力」が高まることが解明され始めている。

「笑い」の研究は進んでいるが、「涙」の研究はこれから更に進むだろう。

涙には、ストレス物質なるものが混じってるそうで、
涙と一緒に排出できるらしい。

その作用で、リラックスさせる副交感神経が働き、泣いた後のスッキリした
感じが出るそうだ。

だから、泣くことは「身体に良いこと」とも言える。

涙は「強くなるため」のサインだ。

っと言うことは・・・・・・・

うちの嫁さんが更に強くなったのも・・・・・

「あっ、、、んんーーーーー。」

分かる気がする。

世の中の男性諸君!!!!

我々も、嫁さんに負けじと、精一杯の涙を流そうじゃないか!!!!

そしたら、嫁さんと互角に渡り合える、たくましい日本男児に生まれ
変われる日が来るはずだーー!!

震災後の日本中の涙にも、きっと多くの意味があるはずだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
「涙もろい男性」を募集中です。

この前、3歳の娘と映画を観にいきました。

幼稚園児のヒロイン、「プリキュア」の映画です。

3歳の娘が、ポップコーンを片手にふんぞり返って
映画に見入ってる最中。

突然、涙が溢れてきました。

いや、ここだけの話。
正直言うと、プリキュアの前に、
「クレヨンしんちゃん」の予告が流れ30秒で泣いてました。

いや、いや、実は、何を隠そう・・・・・

毎週日曜日の朝に放映される
「プリキュア」を観て、30分のうちに必ず泣いてます。

ちなみに、そのことを知ってる3歳の娘は
「パパ、また泣いたの?」って言ってくるんです。。。

近々「涙もろい男性の会」を結成しようと思ってます。

入会したい人は、こちらまで nishida@hr-japan.com