The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.112】2011/6/17

こんにちは!アービンジャー・ジャパンの田染です。
梅雨真っ只中の福岡です。
前回のメルマガの時は、水不足を心配していましたが、
今回は降り過ぎる雨に心配しています・・。
新幹線が止まるほど降っています。
九州南部の皆さま、どうぞお気を付け下さい。

では、早速始めます。
今日の担当は、わたくし田染です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 期待という名の依存 : 田染美穂子
─────────────────────────────────
「やっぱりさ、言うべきこととそうじゃないことってあるよね。
その人の立場に合った発言っていうかさ。
今日の話はあんまり幼稚でがっかりしたわ。
あんなんじゃ、やる気なくなるー。」

ある会議の後で、私が参加者の一人に発した言葉だ。
すると彼女は、
「しぶちゃん、自立よ。人は何にもしてくれんよ。」
と言った。

何のことか解らなかった。
彼女が何を言っているのか、すぐには理解できなかった。
「ふーん。」とか「へー。」とか曖昧に返事をして、
それぞれの仕事に戻った。

釈然としない。
はっきり言って気分悪い。
一体どういうこと?!

この何年間か、箱と出会って随分沢山の箱から出ることをしてきた。
最近はあまり箱に入る機会もなく、
人を非難しなくていいから時間を持て余すくらい。

しかし、彼女の一言で気が付いた。
「期待と言う名の依存」。
私は相手に期待しているような振りをして、
結局は依存していた。
あの人がもっと○○であったらとか、
もう少し○○ができていたらとか、
そんな事を言いながら「がっかりした。」とか、
「そんなんじゃやる気がなくなる。」とか相手を責めて行動しない。

私が行動することと、相手が未熟なことには何の関係もない。

「しぶちゃん、自立よ。」
彼女が言ってくれないと気付けなかった。

私の周りの箱を見逃さない人たちに、
改めて感謝した出来事でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
8月5日「箱の日」。
福岡もやりますよー。
九州一円の箱に興味のある方、
お楽しみに―。

ではまた来週。
ステキな週末をお過ごしください。