The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.116】2011/07/15 

こんにちは。夏がやってきましたねー
そしてこの日も近づいてきました。
8月5日、ハコの日

さて今週は、私、仲井京子が担当します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ うらやむうちは成長はできない(みたい): 仲井京子
─────────────────────────────────

「ぼくはなーんもしてないよ」
「みんながやってくれるのよねー」

のほほんとした笑顔でそんなセリフをのたまう
うらやましい!てか、くやしい!(笑)

主体的な社員
活気ある職場
あたしだけじゃない。
多くの経営者が望んでいるはず。

そう先日もこんな興味深いアンケートの統計資料があった。

Q:あなたは現在の会社で働きがいを感じていますか

①強く感じている+感じている(上位3位:全体25.8%)
・経営者(85.8%)
・役 員(51.5%)
・部 長(34.9%)
②あまり感じていない+まったく感じていない(上位3位:全体33.5%)
・その他(42.0%)
・一般社員(36.1%)
・部 長(22.9%)

なんとまあ、
いちばん社員に「働きがい」を望んでいる経営者がトップで、
望まれている社員等が最下位ですか。
あらあら、世の経営者さんたちも同じようにきっと悩んでいる事でしょう。
「自分が感じるよう社員はどうしてそう感じてくれないんだろう」
「どうしたらそうなれるん?」

そこに答えを求めようとするのだが
答えはそこにないという。現象だという。

どうやら結果として現れた現象にのみとらわれて
その現象が与えられていない自分がかわいそうに思う。
情けなく思う。
与えてくれないまわりをひどいやつだだと思う。
ひどい世の中だと思う。

その原因を自分がつくっているということには
目もくれず、
目もくれないので、反省もできず
反省もしないから、成長もできない。

現象である結果にうおさおせずに
今の自分のあり方に集中しよう
今、自分のできることをしよう
自分はなんのためにそれをやっているのか
目的をしっかり確認しよう
結果は大切だけど
とらわれてはいけない。
それはやってきたことへの現象であって
そこに答えはないのだから。

そう、自分ごとにおきかえたとき、
こころの中のモヤモヤがすーっと消えていくのを感じた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
今年の夏は、箱仲間と富士山に登ってきます。

箱セミナーで知り合った方々が
すっかり仲良くなって
毎年、夏に同窓会として富士山に登っているらしく

「ならばあたしも!!」
と勢い参加表明をしてしまったのです。

きっと、頂上に登ったときは箱の外!
いや、登れなくても箱の外でいれたら一人前って?

ではまた来週ー♪