The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.121】2011/08/19

こんにちは。 アービンジャー・ジャパンのなかいです。

お盆あけ、いかがおすごしでしょうか?

「だぁーーーまた今日から仕事かぁーー」
なんて台詞がでてきませんでしたか?(笑)

昔、子供を産んで初めて仕事に就いたのがお盆開けでした。
そんときは
「よーーっし!今日から仕事やでーー♪」
と喜んでいきました(笑)

そういや転職の多かった私は、多くの初出勤日は
年始年末開けとかゴールデンウイーク開けとか
でした。
いずれも「よっしゃ!」っていう感じでした。

それがいつから、どうして、
「あーーーー。。。。。」に変わっちゃうんでしょうねぇ(笑)

さてさて今週は、私、仲井京子が担当します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 経営と箱 : 仲井京子
─────────────────────────────────
わたしは社会保険労務士という仕事をやっている。
お客様の中には
本当にきちんと法律を守り、
残業、有給をはじめとする従業員さんの権利を守り
労務では優等生な方もいらっしゃる。

先日も、助成金の申請で
書類を整えていたのだが、
わたしが、以前提供した書式をきちんと使い
必要事項をもれなく記載し
これまたほんとうにきれいに労務関係の書類をそろえていらっしゃる。
その几帳面さをみただけで、社員さんへの愛情が感じられる。

なのに悲しい事に
売上が伴なっていない。
昇給もここ数年できていない。

でも社内はいたって平和。
社員の方もみんな台所事情は把握していらっしゃるので
わがままなことはおっしゃらない
定着率も良い

でも、あたしはこのままでは納得がいかない。

こんなにいい会社なのに
なにも悪い事をされていないのに
もっと繁盛しても良いではないか

願うのは、良い心で良い経営をしていただきたい。
そんな経営をされてこられた
名だたる企業経営者のことばを
改めて読んでみる。

そこにひとつのことばが浮かび上がった。
創意工夫、日々改革

新しい事にチャレンジし
日常行う同じ業務にも日々工夫を加える。

名だたる企業経営者はこうもいっている
なにもしないので倒産する

たしかに人もそうだ。
転職しようと同じ会社にいようと
その人が必要とされるためには成長が必要だ
新しい会社や入社まもないころは
なんでも吸収したいと思い、自然とそれができる。
それが日々小さな箱にはいりつづけ
できなくなってくるようだ。

箱はともすれば
なかよし組織をつくるとおもわれがちだが
そうではない。
箱の外では、関心は自分にあるのではなく
他人や、結果、目的
そのためにチャレンジしていける

誰かのためを思い、行動をしているのだ。
おお、なんてシンプル!

もし自分が日々事業に、経営に、業務に
新たなチャレンジできていないとすれば
自分はよくやっていると、こんなにやっているのにと
強く思うならば
ひょっとしたらそれは自己満足であり
箱の中なのかもしれません。

わたしもイライラばかりしないで
相手のための行動をとりつづけていきたいです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
今年で事務所が10周年となり
いま、10周年記念の準備でバタバタ動いています。

こんなことしたい
あんなことできたら

こういうときは紙一重で箱の誘惑が待ち構えています。
こいつに気をつけながら
チャレンジをとりつづけたいです。

日々修行ですなぁー(笑)