The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.176】2012/9/7

こんにちは、アービンジャージャパンの西田敬一です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  「 「ゆる~い」のと、「きびしいー!」のと 」      :   西田敬一
─────────────────────────────────

箱から出て働くって?

一体、どんなことなんでしょうね。

実は、この数年悩んでました。

われわれ、箱のファシリテーターは、
年に2回ほど、全国から集まってミーティングを開催しています。

そのミーティング、実に「ゆる~い」のです。

議題もない、目標設定もない。
ただ、お互いのことをくっちゃべるだけ。

議事進行もないし、もちろん、役員がわれわれを責めることもない。

ただ、お互いのことを認め合う。

すると、何が起こるのか?

「はーーー、今回も気持ち良かったーー!」
「なんて、気持ちの良い会なんだろう。」

生きている心地良さが、体中に充満して、
イキイキして地元に戻れるのです。

そして、しばらく、「ぼわーーん」とした、「じーーん」とした
温かい空気に身を包みながら、日常業務が手に付かない。

ほぼ思考を停止さえている自分に気づく。

「あー、たまってたあの仕事、はよ始めんといかんね。」

心の中で、やっていない仕事、やるべき仕事を想い浮かべる。

「まーー、でも、心の持ち方が大事だし、とにかく
自分が気持ちの良い状態をつくっていよう。」

こう自分に言い聞かせるのだが、どうにも、自分を裏切っている
気がしてならない。

ところが、ボスの強烈なキャラから発せられるフレーズが
頭をよぎる。

「西やん、いいばい、いいばい!無理せんでもいいばい!」

そして、僕は、悩む。。。。
この繰返しをしていた。

ただ、最近、分かってきたことがある。

チーム・アービンジャーの「ゆる~い」雰囲気は、
実は、とーーっても、「きびしーー!!」ものだと。

上司は一切、僕のことを責めてこない。

それどころか、いつも僕の味方にまわってくれる。

すると、僕の心には「安心感」が生まれる。

安心感が生まれると、「何もしなくても良い」という
怠惰な心が派生してくる。

同時に、人間には、「チャレンジしたい」と願う、
生まれながらの欲求も備わっているので、
前に進みたい自分がいるのも分かっている。

だから、安心感に包まれたのは気持ちが良いのだが、
チャレンジしていない自分には、なにか歯がゆさを感じる。

で、どうなるのか?

ただ安穏としている自分が、欲求不満になってくる。

「とにかく、動きたい!!」

こんな前向きな気持ちになってくる。

つまり、「自己リーダーシップを発揮しよう」と思えてくる。

現状の自分を否定して、より高い成果に向かいたいと
思えてくる。

すると、上司から何も言われていないのに、自分で動きだす。

「ゆる~い」のは、実は、「きびしーー!!」に
直結してるんだなと、つくづく思うのでした。

何事も、表裏一体。
陰と陽はつながっているのですね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 西田敬一
—————————————————————————

前に進もうと思っても、また裏切る自分がいる。

今のところ、まだまだ、これの繰返しです。

やがて、熟成してきたら、「何もしないのが、何かをすること」
と同一になってくるんでしょうね。

早くそうありたいけど、階段は、一つずつしか上がれない。

「通ずる」には、近道はないんでしょうね。