The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol. 179】2012/09/28

こんにちわー アービンジャーのなかいです。

先週のこの時間は、アービンジャーファシリの石尾ちゃんの
結婚式の真っ最中ー
まさか、アービンジャーのメンバーの結婚式に
出る日がくるとは。。(涙)

ありがとー石尾ちゃん!!

そして1週間たった今もまだ
この言葉がこだましています。

今週はそんななかいがお届けします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 誓いの言葉 : 仲井 京子
─────────────────────────────────
大きなガラス窓から光が差し込むチャペルで
神父さんが話される誓いの言葉が
まるで箱セミナーのテキストのように聞こえてきます。

あなたは、その健やかなるときも、病めるときも、
豊かなるときも、貧しきときも
これを愛し、これを敬い、これを慰め、これを助け、
そのいのちのかぎり、かたく節操を守ることを約束しますか?

。。良い言葉だ。。。
きっと参列者は自分ごとに置き換えて
反省しているに違いない(笑)

神父さんはその後、すこしお話をされ
この言葉の中でも「敬う」というのが特に大切だと思うとおっしゃった。

健やかな時、豊かな時、
このとき敬うことは容易い。

しかし、病める時、貧しき時
これがどれほどの試練があるか。。

知り合いの方で
旦那様も奥様も社会的地位のあるお仕事をされていらっしゃる方がいる。
その旦那様が引きこもりになってしまわれた。
心の病だ。

お一人で働かれ健闘される奥様
いまの旦那様の立場を尊重されている。
まさに誓いの言葉どおりだ。

聴けば長い長い物語のようだが
とにかくすべてを尽くせどどーにもこーにもならないことがある。
でもなんとかやっているので大丈夫という。

やっぱりいろいろあるんだなあ。
誓いの言葉とリンクしてしまい尊敬してしまいます。

誓いの言葉はさまざまな障害のもと、すぐに裏切られる。
でもいのちのかぎりこれにチャレンジしていくことで
チャレンジしたものしか味わえない
世界がまっているようです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
以前TVでタレントの神田うのが
結婚式を何回もやる理由に(彼女は同じ人との結婚式を9回やったらしい)
「やるごとに神父様の誓いの言葉が胸に沁みるから」
といっていました。

そのときは「贅沢な女」と思っていましたが
少し解るような気がします。

人の結婚式でもそれを感じる事ができてお得ですよね♪

お葬式もいろいろ考えさせられますが
結婚式も素敵です♪