The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.188】2012/11/30

みなさん。こんにちは。アービンジャー・ジャパンの西田敬一です。

先日、長男が誕生しました!

久しぶりに抱く赤ちゃん。

ほんと可愛いんですよね。

そして、弟の誕生とともに、5歳の娘の
成長スピードが加速しています。

今日は、娘と僕の話です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   「洗濯ものなんかで・・・」    :  西田敬一
─────────────────────────────────

ここ2カ月、赤ん坊が産まれたばかりなので
何かと家事を手伝っている。

「洗濯機回しとくねー。」

「あー、助かるわ―、ありがとう!」

嫁さんの喜ぶ顔は、いつ見ていても嬉しくなる。

洗濯が終わるまで、僕は、5歳の長女と
別室で遊ぶことにした。

「パパー、鍵しめといてね。」

バタン。

娘と僕は、部屋の鍵を閉めて遊び始めた。

「パパー、お洋服屋さんしよっか!」

僕は、娘に言われるまま、「女性のお客さん」を演じた。

「あらーー、このお洋服可愛いじゃな~い。」

手慣れたように、女声を出してしまう僕。

洋服屋さんごっこが、盛り上がっている中、
「ピー」っと洗濯終了のサイレンがなった。

「こっちゃん、そろそろ、切り上げて洗濯を
干しにいかないと。」

僕は、娘に語りかけた。

「もうちょっとだけ、いいじゃん!!」

「そうよね~~、いいわよね!」

娘の喜ぶ顔が見たくて、また、女声を出し続けてしまう僕。

それから洗濯のことはすっかり忘れて、洋服屋さんごっこに
全力投球した。

しばらくして、、、

廊下を歩く音が聞こえてきた。

「ちょっとーー、何これ!!」

洗濯場から、いらだちと、悲痛な叫びが聞こえてくる。

「もーー、せっかく洗ったのに、洗濯が
かわいちゃって、グシャグシャじゃん!!」

「お、いけね。」

そう思ったけど、僕は、聞こえないふりをした。

「パパー、もっと遊ぼうよ。パパー!」
娘は、更におねだりしてくる。

そしてその奥では、
「もーー、遊んでる場合じゃないって!」と
妻の荒がる声が聞こえてくる。

僕の正当化が始まった。

「勘弁してくれよ、俺だって、家事はかなりやってんだぜ。」

「全国クラスで見ても、イクメンの『ベスト10』ぐらいに
入る活躍の俺だぜ。」

「娘にもせがまれ、妻にも怒られ、いったい
どうしろって言うんだ。」

2人に挟まれた僕は、突然、怒鳴った。

「もーー、お前ら、好きなことばっかり言いやがって!!」

ぽかーーん。。。

娘も妻も、冷やかな目で僕を見てくる。

「パパ、箱の人でしょ。
そんな、洗濯ものぐらいで、いちいち怒らないの。」

「そんなことより、早く、女の人になって!」

5歳の娘が、僕を静かに諭して終わった。