The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.224】2013/8/16

こんにちは!西田です。

このメルマガを読んでくださっている皆様、本当にありがとうございます!

今年のお盆休みは、長期休暇をとられる方が多いようですね。
お暇な時に、読んでくださいね。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  ひとり言 :  西田 敬一
─────────────────────────────────

人には、忘れられないほど、強烈な体験がある。

自分にあるのと同じ様に、他の人にもそんな体験がある。

なぜなら、同じ人間だから。

時には、辛かったりする。

そして、あたたかいものであったりする。

振り返ると、忘れられない体験が、人生の節目や転機となっている。

もう、5年前になるけど、僕は、箱セミナーを受けて人生が変わった。

そう思えた。

衝撃的なセミナーだった。

まさか、「自分が箱に入っている」とは、思わなかった。

結局は、問題をややこしくしているのは、いつも自分である。

自分を見つめて、自分の醜さや、汚さを見つめて、
それを受け入れる瞬間は、辛くもあった。

自分が大事に隠していた秘密が、
見破られてしまった感覚だった。

それを拒むことも出来た。

「違う」と言うこともできた。

でも、どんな言い訳をしても、それは、自分の正当化を
深めるばかりだった。

むしろ、本当の自分はそれをしたくない。

それが自然に肚に落ちた。

自分を余計に苦しめていくのは、自分しかいない。

不思議と、2日間が終ってみたら、苦しさや辛さよりも
開放感で一杯になった。

本当の自分に出会えた。そう思えた。

「あー、そうか。君には、こんなにも、無理をさせていたんだね。」

人知れず、自分に語りかけた。

「君と僕が、離れていったのは、一体いつの頃からなんだろうね。」

記憶を蘇らせる日々が続いた。

子供のころ、幼少期のころ。

どこまで遡っても、終わりがない。

記憶は曖昧だから。

そして、日々の生活に浸る。

いろんなことに、悩んで苦しんで。

解放感で一杯だったはずなのに、また同じ過ちを繰り返す。

他人のせいだとすれば、自分が行き詰まり。
自分のせいだとすれば、自分が自由になれる。

こうして、毎日を問うて、生きていく。

あれから5年間。

少しは成長したのか。

いや、もともと変わらないのか。

パーッと光が見えたり、スーッと光が消えたり。

お盆休みも、こんな日々。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

久しぶりに、名古屋でオープンセミナーを開催します。

この記事と同じ様に、
グダグダなファシリテーターとして、大活躍しちゃいます(笑)。