The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.234】2013/11/1

みなさん。こんにちは。
橋口りょうです。

さいきん、箱に入っていたのですが、出れました^^
そのときのエピソードです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  説明責任      :  橋口遼(はしぐちりょう)
─────────────────────────────────

アービンジャーでは「説明責任を果たす」ということを推奨しています。

しかし、これが中々難しい・・・。

パートナーに「愛してる」
上司には「おかげさま」
部下には「ありがとう」

一日に何回伝えているのか?

意識はしているけど、難しい。

実は最近この説明責任を果たされて、箱から出たという体験をしました。

内容は仕事のこと。とあるプロジェクト。

そこで、僕が進めていた案件の最終決済を一番の責任者に求めていました。

しかし、一週間、一ヶ月たってもなんの連絡もありません。

その間こっちはいろいろ考えます。疑心が生まれて来るんです。

「なんでメール返信がないんだろう」

「病気してんのかな?」

「それとも、おれ嫌われてるのかな?」

「おれなんか悪いことしたかな?」

「そもそもメール届いてんのかな?」

「もう一回送ってみよう」(計5回再送)

「やっぱり返事がない」

「あの人はメールの返信もできないのか?」

「いったい何を考えているんだ?」

「おれを馬鹿にしているのか」

「そんなんだからあの件もダメだったんだ」

「周りのスタッフはかわいそうだ」

と僕の一ヶ月半をかきましたが、最初は

心配から始まっていた感情が
いつの間にか相手を非難しているんです。

そう。箱です。

頭のなかの9割をこのイライラで専有されていました。
本当は仕事の9割うまくいっているのに、残りのうまくいっていない
1割に頭の9割を専有されるんです。

不思議ですよね。

そんな中、1通のメールがきました。
その最終の決済権を持っている責任者からです。

端的に言うと、箱から出てました。
相手が。

そして、僕が箱から出ました。

そのメールのお陰で。

きちんとした説明責任が果たされていたんです。

そう感じたんです。
相手の悩んでいた痛み、苦しみ、重みをこちらが感じることが出来ました。

たったのメール1通で僕の1ヶ月半が解決されたんです。

内容はNGです。ダメだったんです。決済おりなかったんです。
でも、箱からはでました。

そこにはきっちりとした感情の整理をされて書いてある文面と
今回のNGになった経緯がしっかりと説明されていました。

そう。説明責任です。

私は本当に反省しました。

自分のことしか考えずに、勝手に箱に入り相手を攻めていました。

もちろん、相手は箱から出ているので

「第3案を共に考えよう!」

という言葉に私が救われました。

私はこのように在りたいと心から思えた出来事でした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

くわしいことを知りたい方はご連絡ください。

経緯とともにそのメールを個別でお見せしますよ^^