The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.235】2013/11/8

みなさん。こんにちは。
東京事務局の加藤典子です。

いつもメルマガをご購読いただきありがとうございますm(__)m

今朝20年ぶりに健康診断でバリウムを飲みました。

最近、家族や友人に病で倒れる人が多く

改めて自分の身体は自分で管理しようと思い

検査を受けました。

皆さんもいろいろお忙しいと思いますが

自分自身はもちろん、大切な人達のためにも

どうぞお体を大切にしてあげて下さいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  結婚記念日     :  加藤 典子
─────────────────────────────────

私には約1名夫がおります

もうすぐ結婚14年目を迎えます

楽しいこともありましたが、そうではないこともたくさんありました

あえて言いますが、私にとって夫は『ベストパートナー』ではありません

ではなぜ別れないのか、もちろん勇気がなかったこともありますが

最近それがはっきりしてきました

よく「結婚相手にはどんな人がいい?」と聞かれると

「価値観の合う人」「一緒にいて楽な人」と答える方が多いと思います

もちろんそれも大事だと思うのですが

ぴったり価値観の合う人なんて砂漠の中で真珠を見つけるより難しく

一緒にいて楽な人と生活したらダラダラのグダグダでしょう(笑)

最近、いや『箱』を学んでから

『価値観の違う夫と生活し相手との違いを受け入れることで

私の器は大きくなり人として成長できる!!』

と思えるようになりました

夫が風呂掃除しても湯船に湯垢がこびりついている・・・

そんな現実が、そのたび襲う怒りが

私を成長させてくれていると思うのです

もう1つ夫と別れない大きな理由があります

私が夫と付き合い始めた直後

私の母は余命半年と言われました

私からお願いしたことは一度もありませんが

夫は母のところに自らお見舞いに行ってくれ

母が元気なうちに結婚してくれ

花嫁姿を見せることができました

このことはいくら感謝してもしきれません

私の携帯の待ち受け画面は結婚式の写真です

夫との関係に嫌気がさしたとき

言い争いをしたとき

これを見ることで改めて感謝の気持ちを

思い出すことができます

今年も結婚記念日(11月22日・いいふーふの日)がやってきます

私たち夫婦に子どもという“かすがい”はありませんが

この感謝の気持ちを“かすがい”に

お互い成長していきたいと思います

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────

久しぶりにメルマガを書かせていただきました

いやいや、書いてみると難しいものですが

いい経験になりました

メルマガ原稿を送ってくれない西やんに感謝です(笑)