The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.243 】2014/1/10

明けましておめでとうございます! 伊藤です。

新年一発目のメルマガで光栄でございます。
今年もこいつひどいね・・・どうしようもないね・・・とメルマガ良いながら
鼻で笑ってやってください。 (^-^)/

さてさて、今年は私にとって大きな転機となることかと思います。

なぜならばっ・・・

本厄をもうすぐ迎えるからっ!

・・・

だ~~~っ!

もう41歳ですがな。
早いもんだ。。。

しか~し、厄年なんてぶっ飛ばして、箱から出まくりでゴキゲン道を
ひた走りたいと思います!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   抱負                :  伊藤 彰記
─────────────────────────────────
正月休み。

みなさん、しっかり休みましたか?

私は長い休みがあまり好きじゃないのです。

休みが長いと、ついつい自堕落な生活をしてしまい、その生活
に慣れてしまうからです。

飲んで、食って、遅くまで起きていて。

不規則な生活。。。

そして、不規則な生活が習慣化されてしまいます。

で、その生活に慣れてしまうと社会復帰が難しくなってしまうの
です。

ちょっと大げさだけど、リハビリがいるぐらい(笑)

だから、私の場合、そうならないように、休みの間に何度か
会社に出向いてわざわざ仕事をするようにしています。

子供を見ているとよくわかります。

休みが長いと、学校で友達に会えることや、遊んだりすることなど、
楽しい事にフォーカスできずに、お休み中の今の習慣を手放したく
ないという気持ちが強くなるようです。

だから、

学校いやだな~

休みがなくなる~

なんて言い始めるわけです。

でもその気持ち、わからんじゃない。。。

私は自分がずるい人間だってことを知っています。

だから、そこに浸かりきらないようにしたいとも思っています。

怠惰な生活に慣れてしまうと、そこから脱出することが難しく
なります。

ぬるい状況に慣れてしまうと、何かをしよう、挑戦しよう、と
いうようなアクティブな気持ちが薄れ、いろいろと億劫になって、
行動することが面倒臭い事になってしまうのです。

習慣というのは怖いものです。

怠惰で自堕落な生活は居心地が良いのです。

しかし、そこには刹那的な快楽しかありません。

これはまさに箱の中の感覚と同じ。

箱の中は不思議と居心地が良い。

しかし、自分にも他人にも良い影響を及ぼすことはありません。

どんどん孤独に、そして不幸せへの階段を一歩一歩踏み続ける
ことになってしまう。

箱の中は居心地が良い。

だから、一度箱に入ると出ることが困難になる。

私はそれを知っています。

中々禁煙ができなかったり、ダイエットがうまくいかないのも
今の習慣から脱出することが難しいから。

箱の外の世界にいることを習慣化したい。

箱の中を習慣化しないためも、まず動くべし。

感じたこと、思ったことを、まず「実行」すべし。

そんなわけで、2014年、新たな決意の下に、期待に胸を
プクプクと膨らませるいとちゃんなのであった。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
4日に会社の新年総会を行いました。
そこで私は、毎年、2文字のターゲットスローガンを発表
しています。
今年は、本文中にも出しましたが「実行」という2文字を
掲げました。

中途半端に終わらせない。
未完了ではなく完了形にする。
つまり、やりきる。
箱の中に入らないために自己裏切りをせずに行動に移して
いくこと。
まずやる。
結果は後でついてくる。

やったるぞ~!