The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.256】2014/4/18

こんにちは!
アービンジャーの西やん、こと西田敬一です。

今日も手短ですが、よろしくお願いします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■   「卓越した怒り」               :  西田敬一
─────────────────────────────────

先日、ある会社から、取締役会のファシリテーター役を依頼された。

業績も絶好調で、社内のチームワークもよろしく
傍目からみて、申し分のない会社。

事前情報が少ないまま、ゴールや目的も曖昧なので
何をすべきか迷ったが、お金につられ、あっさりオーダーを受けた。

しかし、この手のオーダーは、怪しい匂いも感じる。

案の定、合宿の初日から、想定外の事態。

なにせ、いつもニコニコと穏やかなイメージの社長さんが、
開始2時間で、とんでもない激怒を発したからだ。

「あんたらなー、もういい加減にせんね!
そうやって、自分の値打ちばかりつけなさんな!!」

* 値打ちをつけるとは、自分の正当化や、立場の保身、過去にあげた成果や苦労を
たてに、よく扱われていないという被害者意識など・・つまり焦点が箱の中のこと。

「だいたいなーー!!! ◯▲■×$%&&!!!!」

内容は覚えてないけど、とにかく見事な「怒り」っぷり。

全員でかかっても、はじき飛ばされそうな勢い。

静まり返る会議室。

不思議と僕は気分が良かった。

下腹に力が入った。

活力がわいてくる。

どうやら、役員さんの中でも、同じことを感じた人がいるようだ。

この社長、見事な怒りで、役員さん達の焦点を
「箱の外」に置いたのだ。

非常にハード。

きわめて、ハード。

が、一瞬で世界が変わって見えた。

僕にとっては、間違いなく「箱の外」でした。

別に、「怒り」が悪いわけじゃないのです。

中途半端が悪いんです。

「卓越した怒り」

今度トライしてみよう。

あっ、でも、テクニックでは駄目ですよね(笑)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 新刊のご案内

なんと来る5月末にアービンジャーから待望の新刊が出ます。
タイトルは

「日常の小さなイライラから解放される箱の法則」

です。詳細はまたホームページやこのメルマガでご案内させてもらいます。

お楽しみに!!