The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.46】 2010/2/20

こんにちは!アービンジャー?ジャパンの西田です。
皆様、いかがお過ごしですか?

バンクーバーオリンピック、男子フィギアの高橋選手。
果敢な4回転ジャンプ、全てを出し切った
後に見せたガッツポーズの姿に心を打たれました。

それでは、早速始めます!
今週の担当は、私、西田敬一がお送りします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  : 西田敬一  組織の最小単位とは?
────────────────────────────────
組織の最小単位とは?
もちろん家族である。

妻と夫。たった二人だけでも、もはや組織だ。

機能する組織の3原則として
①共通目標
②コミュニケーション
③貢献意欲があげられる。

つまり、
①共通のゴールを持ち
②そのゴールに向かってお互い意見を出し合う
③しかも、箱の外の関係で
箱的に言うと、やはり③が大切だ。

同一人物がやることなんだから
プレイベートとビジネスを
分けて考えることは、そもそも不可能なんだと思う。

職場で起こっている問題は
同じように家庭でも起こしているはずだから。

僕は、一時期家族をないがしろにしてきたことがある。

妻の不満や期待、願望など聞かず、
自分の忙しさばかりに、目を向けていた。

しかも、自分ではよくやっている方だと
自分に言い聞かせていた。

こんなに忙しい僕を、なんで
妻が不満に思うのか、本当には、理解できずにいた。

家庭環境が荒んでくると
仕事にも集中力が出ない。

お客様に対して、良い仕事をしたいなら
家族を大切にしなけりゃいけないと思う。

組織を強固なものにしたいのなら
家族を大切にすべきではないだろうか?

もっとも身近で小さな組織の成否が
人生での幸せの成否を決めるのだと思う。

忙しい時こそ、家族の幸せに貢献する。

そんな男でありたいですねー。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
────────────────────────────────
僕の家庭とビジネスは、箱セミナーの受講後から一転してしまいました。
家族が上手くいけば、仕事は更に面白くなる。
仕事が上手くいけば、家庭も更に上手くいく。
こんな循環を描けたら本当に幸せですよね。

ではでは。