The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.51】2010/ 4/ 9

こんにちは!アービンジャー・ジャパンの田染です。
桜前線北上中ですが、
皆様、お花見はもう済みましたか?

本日は、お詫びがございます。
3月26日に配信する予定でした「Vol.51」のメルマガが、
お届けできておりませんでした。
不手際がございまして、誠に申し訳ございませんでした。
前後しますが、今回はVol.51でお届けする予定となっておりましたものを、
お送りいたします。
どうぞご容赦くださいませ。

今回の担当は、仲井京子さんです!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ その人の不幸が一番大切なものとなる : 仲井京子
─────────────────────────────────
『誰かを愛(いと)しいと思うと、
その人の喜び、成長、幸福がいちばん大切なものになる』

レオ・バスカリア(アメリカの作家・思想家)

懇意にしていたお客さまから
仕事のキャンセルをうけた。

そんな計算どおりにすすむんだろうか
いま、もしなにかが起こったら対処できるんだろうか、
あの途中の案件はどうする気だろう
離職者がでなければいいのだが

そんなことを考えながら、
ふと、大好きだったお客さまなのに
今はどこか相手の不幸を願っていることに気が付いた

おかしい。。

わざわざ忙しい中、対応したにもかかわらず、なにもかわっていないとき思うこと。

「何もかわっていないじゃないの」
「だからダメなんだよ」

主語は相手

あるいはこうも思う。
「きっとたいしたこととは思われてないんだ」

思ってないのは相手。

真実は、
そう思っている私。

箱の中では、

相手を悪く見る
被害者意識を持つ
誇大化する
自己中心的
自己防衛する

という特徴がある。

大切なのは自分
レオ・バスカリアの言葉とえらい違い。。

どうやらわたしは箱の中のようだ。。

────────────────────────────────────
今回のメルマガは役に立ちましたか?
良かったらクリックしていってください。
→ http://clap.mag2.com/lusouthaph?20100326

※コメントも書けるようになってます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
緑の本「自分の小さな「箱」から脱出する方法
をひさしぶりにまた読みました。

何度読んでも深いですね。
また、感じるものがあります。

箱の復習にはもってこい!かもしれません。
ただし、成功本のように元気はでませんが(かわりに落ち込む(笑))

それでも
最後はやはり希望を見出せます。
ありがとうございます。