The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.57】2010/ 5/ 14

こんにちは!アービンジャー・ジャパンの西田です。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?
いよいよワールドカップが始まりますね。支持率の低い岡田ジャパンですが
僕はやっぱり応援したいです。

ではでは、早速始めます!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  家庭の幸せとビジネスの幸せ : 西田敬一
─────────────────────────────────
「あなたは、今幸せですか?」

僕がコンサルタントとして出入りしている企業の社長さん達に
聞いてまわってみた。

「ふーん。幸せかー。そんなこと考えてみたことも無かった。」
ある年配の経営者がこう答えた。

彼は、東海地区では有名な企業を育てた辣腕経営者だ。
年収も一般ビジネスマンの数十倍はある。
家もデカいし、いい車にも乗ってる。おまけに女性にもモテる。

組織の中では親父の様に慕われ、抜群のビジネス感性と
対人感受性を兼ね備えている。

誰がどうみても、立派な成功者だ。

ただ、色んなものを兼ね備えている彼に、唯一、心の隙間があった。
ポッカリと空いた隙間。
それが家族との関係だ。

彼は、強烈なパワーをもって、ビジネスに人生を捧げた。
そして、同じくらいの強烈なパワーで、家族との絆を破壊していった。

奥さんとは冷めた関係で、もう会話も寄り添うこともない。
子供は自分のことを無視し、孫もあまり懐かない。
心の平穏を得られるのは愛犬だけだ。

彼は、毎晩、家に帰るのが本当に嫌なようだ。
そして、心の隙間を埋めるために、彼は更にビジネスに没頭する。

彼にとって、家庭とビジネスの幸せは、反比例しているのかも
しれない。

ある経営者が言っていた。
「家庭とビジネスは両輪だ」と。

また、ある本にはこう書いてあった。
「最高の幸福感は、家族を通じて得られるものである」と。

僕は、「ビジネスで幸せを得るには、家庭が幸せであるべきだ」と
考えている。だから両方での努力が必要だ。
両輪が回って初めて幸せが加速する。

————-お知らせ————
私事ですが、近々、新たに会社を設立します。
会社名は、「株式会社パトリッチ」。
パートナーと一緒にリッチになろうと言う意味を込めました。

素晴らしいパートナーとの出会いで、時間もお金も心もリッチになろうと
言う訳です。素晴らしいパートナーとの関係で、ビジネスも勿論
加速します。

結婚を考えてる、家庭を持ちたいと考えている独身の方には、
結婚仲人業をします。そして、家庭での相談も受け付けます。
全ては、「箱の法則」がベースにある会社です。

家庭とビジネスの両方が幸せになるお手伝いをしていきたいと思います。
(HPは6月中旬にオープン予定)