The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.68】2010/08/06

こんにちは!アービンジャー・ジャパンの田染です。
猛烈に暑い福岡です。
皆様、いかがお過ごしでしょうか?

私事ですが、先週一週間「箱ツアー」をしてきました。
自分で言うのもなんですが、
「箱セミナー」は、やっぱり良くできてますね。
何度受講しても「やっぱりそうか・・。」と腹に落ちます。

今日は私の当番なので、
またまた「箱話」をしたいと思います!

ではでは、早速始めます!
今日の担当は私、田染美穂子です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 箱セミナーを受けて : 田染美穂子
─────────────────────────────────
私は、箱に入っていた。

最近‘耳が病気’の話しをメルマガにしたが、
出会うファシリテーター達が「耳の調子どう?」とか、
「耳どうなったの?」とか聞いてくる。

さすが。
彼らは本当に箱に入っている人に、
「箱から出た?」などとは聞かない。

茶を濁しながら名古屋での箱セミナー1日目。
私の箱の相手は決まっていたが、
どうしてもその人のことを考えることができない。
箱から出ることに抵抗している。
結局はもっと柔らかい箱に対象を変えて取り組んだ。
たくさんの参加者のお話や姿勢に、とても刺激され、
2日目が終わるころには、これなら東京での箱セミナーでは、
もしかすると本命の人もうまく箱から出られるかもしれない!と、
ものすごい希望が湧いていた。

東京での1日目。
やっぱり怒りで一杯になる。
今度は考えたくなくて、眠気まで襲ってくる。
1日目の終盤に差し掛かっても、
一向に腹立たしさは消えない。
2日目は別の要件で午前中までしか受講しなかったが、
やはり箱から出ることはできなかった。

そしてその日の夜、
仲間のファシリテーターのてんちゃん(加藤さん)に、
一晩中話しを聞いてもらった。
てんちゃんは、自分の話を交えながら、
一度も私を責めることも諭すこともなく、
何時になっても、ゆったりと話を聞いてくれた。

私は、わかっていた。
私に問題があることは。
私が入っている箱にも気づいていた。

ただ認めたくなかった。

何ができるかわからなかった。
箱から出て話ができるかなんて、
これぽっちも自信がなかった。
でも、福岡に帰ったらその人と話をしようと決めた。

月曜日の朝。
やっぱり相手が悪いとしか思えない。
また怒りが沸々と湧いてくる。

無理だ・・。

諦めようと思った。
でも、その人を前にして出た言葉は、
「これからも、よろしくご指導お願いします。」だった。

なぜそんなことが言えたのか今でもわからない。
でもそれから耳の病気は治ったようだ。

この場を借りてお礼を
にしやん
名古屋ではセミナーに参加させてくれてありがとー。
何を言っても受け止めるにしやんの姿勢は、本当に勉強になりました。
てんちゃん
東京滞在中は毎朝ご飯の支度をしてくれて、ありがと。
たくさんの愚痴を浄化してくれて、ありがとー。
武ちゃん
月曜日は横浜からわざわざ来てくれてありがとう。
武ちゃんのおかげで、ずい分箱から出る機会をもらっています。
伊藤ちゃん
熱い中異常にたくさんの汗をかきながら、東京見物に付き合ってくれてありがとう。
伊藤ちゃんがいてくれたから、楽しさが倍増しました。
井出さん
井出さん、たくさんのご縁をありがとうございます。
いつも縁の下の力持ちで支えてくださることに、感謝しています。
しんちゃん
「オースゴイ!」の手助けを、さらっとしてくれてありがとうございます。
今回‘箱ツアー’ができたのも、しんちゃんの手助けのおかげです。

そして今回は会えなかったファシリテーターのみなさん、
今度また会いに行かせてください!

そして最後に、代表陶山さん。
陶山さんがアービンジャーを日本に運んできてくださったおかげで、
私はたくさんの仲間に出会い、学び、
箱から出る機会を数多く与えてもらっています。
みんなと話していると、
ファシリテータートレーニングの最終日のことを思い出します。
何度もアメリカと日本を往復し、
‘箱’や言葉の壁にぶつかりながら、
何度も「もう一度」「もう一度」と戦いながら、
やっとのことでアービンジャー・ジャパンが誕生した時の話です。
これは私にとって、ゆるぎない箱の外の世界です。
アービンジャーや皆と出会いのきっかけを下さったことに、
心より感謝です。

皆様、今後ともアービンジャー・ジャパンを、
どうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
─────────────────────────────────────
私の家には冷房がない。
田舎だから。

必要なかった。去年までは・・。

今年の暑さには、参っています。
熱中症で病院へ搬送される人も1日100人を超えていますね。
屋内で冷房の中にいても、熱中症になってしまうらしいですね。
こまめな水分補給を心がけましょう!

ではでは、今週も良い週末を!!