The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.79】2010/10/29

こんにちは。アービンジャー・ジャパンの伊藤です。

もう10月も終わり、もうすぐ11月。
早いな・・・ と思うのは、毎日が充実しているからなのか、はたまた、年を重ねたからなのか・・・

子供の頃は時間が長く感じた気がしますが、同様に毎日が充実していたしな・・・
単純に若かったからなのか・・・ 記憶があいまいだから? 変化が多いから?

ということは・・・  って、え~い メンドクサイッ!

さてさて、今週は私が担当いたします!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■選択 : 伊藤彰記
───────────────────────────────────
先日、名古屋の街を歩いているとき、障害者のカップルとすれ違った。

人は解り合える人となら共に生きることができる、一緒にいられる、
そう思った。

全てのことに意味がある。

私はいつも、起こったできごと、これから起きる出来事、意味のないことは
ない、価値のないことはない、そう考えることを習慣化している。

私自身、霊感も何もないが、スピリチュアルな捉え方や考え方も生きる上での
選択肢として必要だと感じている。

だから、私は、彼、彼女は自分たちの生き方を選択し、この世に生を受けた
と考え、勝手に感動した。

茨の道を歩み、お互いが魂を成長させている。

美しく、そして逞しい。

障害者の方たちが住みやすい街、やさしい街、バリアフリーの実現、
私たちの自覚。

地元豊橋市に戻り、とあるスーパーの駐車場。

障害者駐車場に止まった車から若いカップルが降りてきた。

どう見ても健常者。

親に続いて子供が2人降りてきた。

悲しいきもちになった。

何を大事にするのか、どんな人でいたいのか。

世の中どんどん恰好悪い大人が増えていく。

仮面ライダーやウルトラマンが好きな子供も、いずれ大人になる。

人は生き方を選択できる。

あの世からもこの世でも。

人にやさしく、良い影響を与えられる格好良い大人が増えることを願い、
私は【箱】をこれからも伝えていきたいと思う。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記
───────────────────────────────────

今朝、6時に起きた早起きの5歳の長男坊が1人でテレビをつけてニュースを
見ていました。

ついつい「おっさんか!」とツッコミを入れたくなりましたが、聞けば、ニュースも楽しい
と言うじゃないですか。

私がガキの頃はさっぱりニュースなんて見たいと思わなかったのに、何で自分の
意志でニュースを見ていたかを考えるに、過去、実家では、家に1台のテレビを
親父が占有して、子供番組を見せてくれなかったからだと思いました。

つまり、子供の所有欲、占有欲が満たされていなかったわけです。

率先して甘やかせているわけではないですが、我が家は自由度が高い。
子供も大人もやる気やモチベーションを育てるヒントがこういうところにあるんだな、
と感じた次第です。

それでは良い週末を♪