The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.87】2010/12/24

こんにちは、名古屋の箱ファシリテーター、西田敬一です。

最近、久しぶりに、自分のブログのアクセス解析をしました。

驚くことに、検索されているキーワードの上位に、
「妻と上手くいかない」という文字が入ってました。

僕の箱セミナーでも、職場の人間関係の相談と
並んで、家庭の相談は実に多い。

みんな、本当に悩んでる。苦しんでる。
今日は、そんな方にあてたメッセージです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 妻と上手くいかない本当の理由 : 西田敬一
───────────────────────────────────

久しぶりに、自分のブログのアクセス解析をしました。

で、驚くことに、キーワード検索の上位に、
「妻と上手くいかない」というキーワードが上位に。

僕の箱セミナーでも、職場の人間関係の相談と
並んで、家庭の相談は実に多い。

みんな、本当に悩んでる。苦しんでる。
そして、妻のことを、「愛したいのに、愛せない」。

大切な人だと分かっていながら、それでも
「いつでも逃げ出せる心の準備」をしている。

「いざとなったら、離婚してしまえばいい」と
心のどこかで思っている。

■すぐにキレる妻

みんなが僕に教えてくれる台詞がこれだ。

「うちの妻は、すぐにキレる。」

心の表面では、彼女の優しい部分も感じてるけど、
心の奥底では、「あいつは、妻として失格だ」
と思ってる人が多いようだ。

勇気を出して告白すると、実は、何を隠そう、
僕もそう思ってた時期があった。

より正確に言うと、何かの出来事がきっかけで
妻を、そう思ってしまう瞬間が多々あった。

特に、妻が気性をあらげている時なんか。

妻が一人で勝手に怒り出して
僕には何が何だか、さっぱり分からなかった。

■「別に・・・」って!!!

ガシャガシャと、食器を片付ける妻を見て
「どうしたの?」って、言葉を投げかけても、「別に」って無反応。

優しい言葉をかけても、しばらく収まらない。

そして、彼女の悪態を見て、僕も
自分を抑えるのが辛くなっていく。

そして、心の中で悪魔が叫び出す。

「お前のそう言う態度がダメなんだ。」

「せっかくこっちが優しくしてやってるのに、
なんて態度だ。」

「大体、お前は一日家にいて、家事もろくに出来てないだろ。」

「いいよなお前は、そうやって自分の感情だけで
生きていきゃいいんだから。」

こんな感じで、妻の悪態をなじりだす。

「そりゃ、俺だって、完璧な夫じゃないさ。」

「でもな、俺はお前のこと精一杯考えてる、一番の理解者だぞ。
そんな俺を粗末にしやがって。」

こうやって、自分のことが可愛そうに思えてくる。

それだけじゃ収まらない僕は、過去にしでかした
妻の悪態について、色々と思い返す。

あの時も、この時も、妻の駄目な部分がクローズアップされる。
心の中で怒りが止まらなくなる。

■妻と上手くいかない理由は?

いかがですか。
あなたにも、経験ありますか?

僕は、箱セミナーに出会うまで
本当の意味で知らなかった。

妻と上手くいかない本当の理由を。

あの時、箱セミナーに出会ってなかったら
もしかしたら、僕達夫婦は、離婚の危機にあったかもしれない。

でも、今では、誰もが認める
仲良し夫婦になっている。

おまけに、妻と一緒に、結婚や家庭相談についての
ビジネスを仲良くやってます。

妻と上手くいかない本当の理由。

それが、自己欺瞞(じこぎまん)。

でも、この自己欺瞞を解消するには、箱セミナーを
受けてもらうのが一番だと思う。

人間関係の根本的な解決につながります。

アービンジャーの公式HPで、各地のセミナー情報が
でてますので、そちらをご覧下さい。

http://www.arbingerjapan.com/

■簡単に実行できること

本当に苦しんでる人達のために、簡単なアドバイス
ですが、実践できたらしてみてください。

(1)妻の要望(オーダー)に全部こたえる

何かを頼まれたら、どんな小さなことでも
すぐに行動に移す。

(2)妻の悩みや、今日あった出来事を聴く

できれば、一日30分。
15分でも良い。
妻が話したがってることを、ただ聴く。
意見を挟まないように。

(3)妻を開放してあげる一日をつくる

家事も、育児も、何にもしなくて良い日を
一日つくってあげる。
美容院でも、何でも好きなことを
一人でさせてあげる時間をつくる。

妻が不機嫌になるのは、
彼女が満たされてない証拠です。

彼女達からの精一杯のサインなんです。

どうか、男性の皆さん。

奥さんのそのサインを見逃さないでください。

誰にも理解してもらえてない。
そんな気持ちで一杯なんです。

それでも、どうしても・・・・って時は
一度ご相談くださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 西田敬一
───────────────────────────────────

先日、名古屋の箱会を開催。20名のメンバーに
囲まれて、幸せな時間でした。どうして、箱を知った人たちが
集まると、こんなにも温かい空気になるんだろう?

よかったら、箱会のこと、ブログで書いてますんで
閲覧してくださいね。

(西田のブログ)
http://blog.livedoor.jp/hr_japan/archives/1548298.html

それでは、皆さんにとって、来年は更に幸せな
一年になりますように!!