The Arbinger Institute

We Change Mindset

□アービンジャー「箱」NEWS【Vol.93】2011/2/4

こんにちは。アービンジャー・ジャパンの西田です。

1月から、我が社に「箱」好きな女性が、入社してくれました。

ありがたいことに、彼女は、箱セミナーを受講して、

「もっと箱を世の中に広めたい!」っと入社してくれたのです。

ところが、その後、恐ろしいことを・・・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 会社に「箱」を取り入れると、どうなるか? : 西田敬一
─────────────────────────────────

恐ろしいこと・・・・それは、例の「箱」です。
川ちゃんのブログが好評だったので、転用しますね。

————————————————-

今日は、こんにちは、川崎紘子です。
今日もブログをご覧頂きありがとうございます。

いやー、箱仲間ツアー、本当に楽しかったです。

出発前から結構予定がタイトだったんですが
ホテル アークリッシュさんもとってもステキで
疲れ知らずの2日間でしたよ。

・・・にも関わらず、帰ってきて早々また箱に入りまして(笑)

箱ツアーから戻ってきて西田さんと
反省点や改善点を出し合いました。

お互い、箱から出て話しをしているつもりが・・・・・

知らぬうちに箱に入って話してたんでしょうね。

「言わなくてもいい」ことを「言って」いたんだろうし
「言われなくてもいい」ことを「言われて」しまったんだろうし。

その場では、「じゃ、これで話は終わりね」っと、二人で納得&合意して
握手までして、笑顔で会社を出ました。

でも、うちに帰っても、さっき話した内容が気になる。

「あー、あんなこと言ってたなー。」
「実はそんな風に考えてたんだ・・・」
「私ももっと言い方考えれば良かったかも」

話し合ったその時間がフラッシュバックして
頭の中をずーっとリピートしてる。

西田さんの言葉が気になってしょうがない。

悶々としてるんですけど、笑顔で会社は出たんだし・・・

考えてもしょうがないので、
「もう解決したんだ」って思うようにしていました。

結局、次の日、西田さんから電話をくれてまた話し合い・・・。

ちょっと気持ちも楽になって
何となーく解決したように思ってました。

そして月曜日の朝。
それ以来、西田さんと初めて会社で顔を合わせる・・・。

何となくギコチない。

打ち合わせは午後からにして、
机を並べて、お互い自分の仕事を始める。

カタカタカタカタ・・・(←西田さんのPC打つ音)
「・・・あ、そっか・・・・・・えーと・・・」(←西田さんの独り言)

もう、隣で何やってるか気になって、気になって(笑)
自分の仕事に全然集中できず。

そうしたら西田さんが

「やっぱりさ、先に打ち合わせした方が良さそうだね」って。

お互い同じ空気を感じてたようです(笑)

そこから2人で「感謝の朝礼」

そして、私は週末に考えたことを素直に話し
あの時の自分を本当に反省することができました。

もう、本当にスッキリ!!!

打ち合わせが終わった時には西田さんと笑い話です。
「ブログのネタGETだね(笑)」って。

今回のことで、悶々とした数日間を過ごすことになったけれど
箱仲間の話が、よりリアルに感じることができるよになりました。

西田さんや伊藤さんがよく
「ファシリテーターでも箱に入るからさー」というけれど
箱を知ってても、知らない間に本当に箱に入っちゃうんです!

「私は箱から出てる!」って言う人が一番箱に入ってるんです!!

嫌な空気をとりあえず断ち切りたい時は「感謝の朝礼」がいいんです!!

そして、西田さんと奥さんがよく言うけど
双方が箱を知っていると、解決が早いんです!!

思ったこと、感じたことを「素直に行動する」ことが大切なんです!!

もし、会社に素直に行動してくれる上司や先輩、同僚や部下がいたら・・・
変なストレスもなく、毎日仕事に本当に集中できて
バリューが出せるんだと思う。

会社にくるのが楽しくなる♪

まずは、感謝の朝礼からやってみませんか??

*無料の朝礼見学!
株式会社ココシス http://www.cocosys.co.jp/
株式会社ホウキン http://www.houkin.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 編集後記 : 西田敬一
─────────────────────────────────────

いやー、川ちゃんスゴイ!!
わずか数日で、我が社は、以前よりも活気があります。
箱って、自分ではなかなか気付きにくい。

ちなみに、川ちゃんを箱に入れた犯人は・・・
そう、間違いなく僕です。
さー、来週も多くの「悔い改め」を繰り返そう。