The Arbinger Institute

We Change Mindset

スペシャルイベント

対象者限定1dayワークショップ@乃木會館

(千代田線乃木坂駅徒歩1分)

2017年2月2日(木)10:00~18:00

はじめに

組織の目標は、戦略に適した行動によって達成されなければなりません。よって、リーダーは常に、時間とリソースを適切に使い、メンバーが適切な行動をとれるように働きかけなければなりません。しかしながら、個々の「行動」、それ自身を動かすものは何でしょうか?

それは、行動の奥にある「マインドセット」にほかなりません。

アービンジャーの用いる「マインドセット」とは、相手との繋がりや責任をどのように認識し感じるかという「心の持ち方」のことを表します。組織のマインドセットとそこで働くメンバーのマインドセットが一致することで、求める結果を達成し続けることができるのです。単に行動のみを外側から力任せに変えるのでは、最小限の改善しか起こりません。組織が、望む結果を生み出すにはマインドセットの変化が必要です。そして、これこそが、アービンジャーの最も得意とするところであり、マインドセットを変える技術を多くの方々に伝えてきました。個人・チーム・組織におけるマインドセットを内向きの状態(内向きの心の持ち方:アービンジャーでは、「箱」とも呼んでいます。)から外向きの状態(外向きの心の持ち方)へ変えることができます。

内向きのマインドセット:自分自身の目標にのみ興味があり、成功を自分が達成したことにより判断します。

外向きのマインドセット:顧客、同僚、上司、部下などの周囲の人間の成功を手助けしながら働くことができます。自分が相手へ与える影響を考え、自分の行動により相手の目標達成をサポートできたかどうか、それが自らの成功を決める判断基準になります。

このワークショップでは、参加者は外向きのマインドセットを徹底的に理解し、組織内における協力関係、責任意識、説明責任能力を高めることができます。

それにより、組織全体のモチベーションが上がり、有能なメンバーがより力を発揮し、高いレベルの顧客満足度を達成できます。また、組織内のコミュニケーションが増え、意思決定に必要な情報も集まりやすくなります。大袈裟な話ではありません。外向きの心の持ち方ができている組織では、高いパフォーマンスを発揮するチーム作りや、経営改革も複雑で難しい問題ではなくなります。外向きの心の持ち方こそが、企業にとって持続的な競争力の源泉になり、組織に革新をもたらし続けるのです。

内容

✓ Framework 1: マインドセット(心の持ち方)
✓ Framework 2: どのように内向きの心の持ち方に陥るのか
✓ Framework 3: 内向きの心の持ち方(箱)のタイプ
✓ Framework 4: 内向きの心の持ち方はどのように伝染し広がるのか
✓ Framework 5: 仕事における外向きの心の持ち方と内向きの心の持ち方
✓ 仕事において外向きの心の持ち方を導入するには
✓ 内向きの心の持ち方から外向きの心の持ち方へ

当日スケジュール

9:30 開場
10:00 ワークショップ開始
12:00 昼食(ご用意があります)
13:00 午後の部開始
18:00 終了

予定会場:乃木會館

乃木會館(https://www.nogikaikan.jp/access.html

〒107-0052 東京都港区赤坂8−11−27
千代田線乃木坂駅徒歩1分
(詳細は、前日までにメールで連絡します。)
会場:棗(なつめ)

お持ちいただくものは特にございません。
アービンジャーの書籍(「自分の小さな「箱」から脱出する方法」等)を事前に読んでいただけるとワークショップをスムーズに理解できますが、必須ではありません。

特別1dayワークショップ料金体系

参加費用は19,800円/名(税抜)となります。当特別ワークショップは、通常に比べ参加人数に制約がございます。お支払いされるまでお座席の確保はできませんので、予めご了承ください。なお、参加人数は各社最大3名様までとなっております。3名を超える参加者分は、通常価格の78,000円/人(税抜)をお支払いください。上記料金はドリンク、軽食、昼食を含みます。

参加対象者

主に、以下の方々を対象にしております。

✓ 経営陣、役員
✓ 部門長、管理職
✓ 幹部候補生
✓ 人事、組織改編、経営・業務企画等の関連部署の方

少なくとも、経営陣・部門長クラスの方が一人いらっしゃると、ワークショップを最大限に活用いただけます。

導入事例
■   管理職向けリーダーシップ研修
■   マネジメント向け管理職研修(部下のマネジメント等)
■   組織風土改善
■   企業再建(M&A後)におけるチーム力強化
■   組織における縦割り問題への取り組み
■   組織のダイバーシティ化への取り組み
■   働き方改善への取り組み           など多数

申し込みフォーム

内容送信後、こちらからメールにてご連絡いたします。
皆様のご応募をお待ちしております。